八坂寺施餓鬼萬灯法会と久谷灯籠祭り

平成28年8月15日(月) お盆の日記。 
    午前中、愛媛県戦没者追悼式参列。
         最後の献花が「語り継ぐ世代」代表の高校生・中学生・5歳?の男の子、
         曽祖父を知らない幼児の歩みがほほ笑ましくもあり、悲しくもあり・・・

 坂本屋つながりの「夢工房」皆さんが、
 第47番八坂寺の施餓鬼萬灯法会とコラボして灯籠祭りを行うとの案内があり、
 女房と帰省中の次女、孫娘の四人で灯籠見物と施餓鬼法会参拝して帰りました。


 いつも八坂寺さんのお祭りの度にお世話になる坂本屋スタッフさんの会社へ駐車させてもらって
19:00 まだちょっと明るい参道に並べた360個の手作り灯籠に
     坂本屋の内大さんや館長さんはじめ、夢工房の皆さんが点火に汗だくです。
f0213825_933247.jpg
                                  正面奥、第47番八坂寺本堂
 タカサゴユリも歓迎してくれます。
f0213825_9365856.jpg 県道から山門まで約500m?の参道両側の
 ペットボトル利用の手作り灯籠に明かりが灯ります。

 門前一家も「夢工房」さんに借りた着火マンで
 数個の灯籠に火を灯しましたが
 これがなかなか腰に重労働であり、
 夢工房皆さんの苦労に思いを馳せたことです。 
 なにしろ、その数360個ですから・・・



 極楽橋山門からは八坂寺施餓鬼萬灯法会エリアです。
 膝に爆弾抱えてる女房どの、「救いの手」に膝安寧のお願い必死。
f0213825_1055488.jpg

          まずは本堂参拝、
f0213825_10114333.jpg

          内陣では厳かに施餓鬼法会が執り行われており、
          檀家ではありませんが門前一家も殊勝にお参りさせてもらいました。
          ご本尊は阿弥陀如来 おん あみりた ていせいから うん
           恥ずかしながら、未だに「ご真言」の意味がさっぱり解りません・・・ 
f0213825_10134966.jpg
           孫の選んだおみくじは「吉」、大吉ばかりの御神籤より信用できそう^.^
           
 朱塗りの本堂欄干から境内を眺めると圧巻の萬灯です、
f0213825_1019377.jpg

 境内には檀家・信徒さん用に設けられたテントを中心に萬灯が並びます。
f0213825_10221122.jpg

 十二社権現と権現堂を通って本堂裏山の八坂寺霊園まで続きます,
 関係者にお尋ねしたところ、その数、境内約2千、霊園約1千個とか!
f0213825_1039422.jpg
                      準備が大変! 天候が心配!だったことでしょう。

 それぞれの灯籠に三界萬霊の文字
f0213825_10472051.jpg   辺りが暗くなるほどに灯籠の火が冴えわたるころ、
   本堂内からのお誘いで参拝者の般若心経が境内に流れます。
f0213825_10454227.jpg


 幻想的で厳かな施餓鬼萬灯法会の余韻を背に下山します。
f0213825_11181685.jpg

     (お願い) 亡くなった祖先や身内の供養の盂蘭盆会と同時に行われる餓鬼の供養などについて
         間違った書き方がありましたらコメント欄を通じて注意とご教示をお願いいたします。


 山門を出て、再び「久谷夢工房灯篭祭り」エリアの参道を下ります。
f0213825_11283866.jpg
 
 五歳の孫娘が灯籠の数を数えるのですが、能力の限界以上で数えきれません^.^
f0213825_11321648.jpg

 参道入口、ここはしっかり撮りたかったのですが見えるがままにあえてフラッシュなし、
 お大師さま、暗やみのアマピンですみません・・・
f0213825_11355534.jpg

 「夢工房」皆さんのメイン会場「衛門三郎の里」には本格的な灯籠が並びます。
f0213825_11404315.jpg


            地元幼稚園児さんの手書き絵灯籠が可愛い 可愛い!!!         
            地元俳句愛好会?の投句灯籠などもあって楽しめました。

 孫に花火のおみやげまでもらってありがとうございました。
f0213825_1158725.jpg

 久谷夢工房さんの灯篭祭りと八坂寺さんの施餓鬼萬灯法会参拝記念にお買い上げ^.^
                SHIKOKU 88 HENRO ON BOARD 
f0213825_1241639.jpg
            これ付けて二巡目のお四国参りが終わってない札所巡りに出かけたい。


    
Commented by kimiko-keme at 2016-08-16 15:34
灯籠まつりにお越しいただき、ありがとうございました。

愛車のナンバーが「88」は凄いですよね。
小僧さんの車もそうなんですか??

(坊っちゃん劇場ですでに3回「お遍路さん、どうぞ」を観た)kimichanより
Commented by jh5swz at 2016-08-16 17:07
TO kimichan
 灯籠祭りも八坂寺さんの施餓鬼萬灯法会も楽しませてもらいました。
 準備~撤収が大変やったでしょう、たった1日の祭りごとですから・・・

 「88」は、小僧の愛車です、四国で88は抽選で2週間目に当選しました、
それほどマニアックではないのですが、お遍路好きですから拘ってみました。
          アホなんです。
  
 「お遍路さん どうぞ」3回目! 中山城治さん追っかけですか(笑)
 
Commented by おやっさん at 2016-08-17 10:56 x
京都の花灯籠のような幻想的風景ですね。人混みでないぶん、こちらのほうが落ち着いて見えます。点火するときの苦労は、鯖街道キャンプウオークで汗だくになって点火したのでよくわかります。わたしは台車に腰かけてやっていました(;´∀`)
Commented by jh5swz at 2016-08-17 14:17
おやっさん、
 夢工房エリアには夢工房の手作りらしさが、
 八坂寺さんエリアには三界萬霊に象徴される法会らしさがあっていいコラボレーションでした。

 わずか数本でしたが「火付け」の苦労ご理解ありがとうございます、長谷川平蔵様、
 なるほど、来年お手伝いできる機会がありましたら、折りたたみパイプ椅子持参で参ります。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2016-08-16 16:50 | その後のきまぐれ遍路 | Comments(4)