坂本屋 2016初秋

平成28年10月 1日(土)の日記。
f0213825_1435714.jpg 三日遅れの坂本屋日記。
 日めくり暦を1枚めくっただけの今日は10月。
 今日は昨日の続きなのだが10月の声を聞くと「秋」を感じます。

 さて、今年の秋も歩きお遍路さんは多いかな?

07:50 久万高原町を早発ちのお遍路さんもあろうかと、ちょっと早めに自宅発。
    早発ちのお遍路さん用の熱いお茶をCVSで2本買って山へ疾走。
08:30 坂本屋着。
    まずは、オープン目印の幟旗を出して。 
      天孫降臨の図にやあらむ?
f0213825_10451859.jpg 
     これでもお城下よりはひんやり!
f0213825_10453131.jpg
 
    お遍路さん お茶が沸きましたよ~ いっぷくして行きませんか~
f0213825_1101722.jpg
             当番二人、私用にて欠席連絡あり、本日は長老と二人態勢なり。

    モヤって「天高く」とはいかない三坂峠の空模様・・・
f0213825_1135727.jpg

10:10 区切り巡打ちの大阪さんがひと休み。
     今日は「たかのこのホテル」が予約できたので温泉が楽しみと笑顔。

10:24 大阪さんご出立。
f0213825_11102279.jpg
                                             418
                           このあともどうぞ道中ご安全に! 
     
10:30 入れ替わるように区切り巡打ち徳島さんがひと休み。
      四国島内のお遍路さんに妙に親しみを覚えてお遍路談義、
      静かにお茶を飲みながら
      「焼山寺参りはキツかった・・・」と、ポツリ。

11:00 区切り巡打ちの京都さんがいっぷく。
f0213825_11254588.jpg 
  「お寺だらけの京都に住みながら、
      どうしてわざわざお四国参りでっしゃろ」。

 「お四国参りで何が一番思い出になりそうですか?」
 「道中の親切でんな!」
 「寺は西国 情けは四国 と仰ったお先達がありましたよ」と私。
 「言い得て絶妙!座布団3枚や!」
 「手前味噌ですみません」。
  「京都はどこへいってもガイジンさんばかりで拝観料は取りよるし」 
 「また四国へお出かけになって下さい」
 「お四国病になったかもしれへん」。

   
徳島さんがニコニコ笑ってお聞きになっています。


11:25 京都さんご出立。  
     アチコチの民宿、遍路宿、善根宿のアレコレなど 
     楽しいお話しありがとうございました、道中 お道よろしゅう~!
f0213825_11403869.jpg
                                              419


11:31 私もそろそろと徳島さんご出立。
f0213825_11433161.jpg
                                              420
          あとで拝見した「お遍路さん寄せ書き帖」に 
            『坂本屋の建物がいい、静けさがいい、お接待の雰囲気がいい』、
            と、たくさんのお褒めの言葉が書いてありました。
            坂本屋光栄です! 元気出ました!  
 
 お遍路さんが出立されたあとは、ちょっと寂しいくらい静かな坂本屋です。 
f0213825_1156312.jpg
  

12:00 長老と二人で囲炉裏部屋で「山賊むすび昼食」。
      女房には3個でいいと言ったのだが、にぎり飯が6個!      
      こんなことなら、最後に出立された徳島さんを誘って一緒に昼飯すればよかった・・・

f0213825_1251828.jpg  朝から気になっていたのだが、
  台所に置いてある見慣れない玉玉リング?
  カラフルな玉を回転させてみて
  ピンときた!
  以前に、坂本屋メンバーのO女史と
  「ここを通過されたお遍路さんの人数を集計記録してみたい、
            そのためのカンター小道具が欲しいですね」と。
  携帯へメールしてみた。
  「は~い、犯人は私で~~す」。
  打てば響くO女史に敬礼!


 さて昼飯のあと、いつも坂本屋メンバーが岩屋寺組と称する
 45番岩屋寺界隈で前泊されたお遍路さんがさっぱり・・・みえない・・・
 営業やってるワケではないが、寂しい・・・

 こう云う日は坂本屋界隈の花巡りに限る。
f0213825_19261675.jpg 2軒下った空き家の角から路地を少し山へ登った
 小川の上の「棗(なつめ)」の実。

  もう一軒先の空き家の「金木犀」。
f0213825_1939531.jpg


 しばらくウロウロ山歩きして帰ってみたら、
 長老が妙齢のご婦人四人に囲まれて、坂本屋とお遍路さんの歴史について講釈中。
 どうやら、
 秋の一日を「TVでウワサの遍路茶屋・坂本屋を見学に行ってみよう」と衆議一決して、
 お城下から軽四でご来駕のご様子、いあやは光栄の至り。
 写真を撮らせて欲しかったが、内気で無口な門前の小僧、口上が述べられず・・・無念。

 その後、お遍路さんも来客もぱったり絶えてヒマ、
 長老、先ほどの疲れもあって?しばらく昼寝。
 小僧、スマホいじって ヒマつぶし・・・

14:30 長老、3時に自宅へ来客あり、
    小僧、明日の業界のイベントの資材準備あり、30分の早仕舞いを決定。
    おおいにうしろめたさを感じながら、戸締り、電源OFF確認して施錠、閉館。

f0213825_2105515.jpg  まず長老の車が坂道を下るのを見届けて
  小僧もいざ下山とアクセル踏んだら
  バックミラーに映ったこの吊り下げ看板・・・
  早仕舞いしておいて「お接待中」はありえない!
  50mほど引き返して
  釣り看板を仕舞込んでいたら、
  娘お遍路さんが一人、勝手口のベンチでひと休み、
  嗚呼~ 
  電源切った、お湯流した、熱いお茶がない・・・

f0213825_14142367.jpg  早仕舞いのワケを話して、
  今朝、熱いお茶が間に合わなかったとき用に、
  コンビニで買って、
  車に積んだママだったペットボトルをお接待。
   
  歩き慣れたお遍路さんらしく、
  手際よく納め札を差し出されて
  「ご親切ありがとうございます」。
  納め札の裏にも
  「ありがとうございした」と手書きの一行。

  お接待返し用とはいえ
  ここまではなかなか出来ない。
   (決してそれを欲しがったり求めたりしているのではありません)

  とっさのことながら礼儀正しいご挨拶に
  「このあとも道中ご安全に」と精一杯の返礼、
  30分の早仕舞いを悔やみながら下山。

  いつもの朝参りができてないこともあり、
  久しぶりに「網掛け大師さん」へお参り、
  今日、ひと休みされた三人のお遍路さんと、
  お茶のおもてなしができなかった娘お遍路さんの
  道中安全と無事結願をお願いしたことです。

 網掛けお大師っさんが「そうかい そうかい」と、笑っておられました(ような気がした)。
f0213825_20535846.jpg
f0213825_20541810.jpg

   
15:05 自宅近隣の遍路橋で、
     たかのこのホテルへ向って歩かれる朝一番のお遍路・大阪さんに追いつき、
     「この時間なら49番浄土寺さんも参拝できますよ~」と声をかけたら
     「おお~坂本屋の~、そうですかお納経所門限までに行けますか」と、にっこり。
 
     ちゃんとお参り済まされて、東道後温泉をご湯っくりお楽しみになったかなあ~  
           
 
  
Commented by おやっさん at 2016-10-06 18:31 x
相変わらずご多忙の中、お接待にも出撃されて充実した人生ですねえ。
見習いたいです。
わしはこの日松山の北部山の中をウロウロしていました。
それにしても暑かった。
Commented by jh5swz at 2016-10-10 10:46
おやっさん、
 道後平野のお遍路旅お疲れさまでした。
 コメント、今頃になって気が付きました、ありがとうございます。

 閑人不善をなす とか申しますので、お大師っさんがヒマを下さいません・・・
今日用事(教養)があって、今日も行く(教育)所があるのが、ボケない秘訣
だそうで実践に心がけております、ハイ(笑)。

 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2016-10-04 08:14 | 坂本屋日記2016 | Comments(2)