大型台風21号接近中・・・

平成29年10月21日(土)の日記。

 超大型だと報道される21号台風が接近中だが、
「警報」でも出ない限り、土・日であれば坂本屋はオープンします。
 
08:00 今日で何回目の「卒論研究取材」になるだろうか? 週末を利用して帰省中の
    京都さんを隣町の家まで迎えに行って、小雨の中を坂本屋へ安全運転走行。

08:35 窪野町桜、
    ここへ来るまでに、峠を下って46番浄瑠璃寺へ向う5人のお遍路さんとスレ違いました。
    5人目の娘お遍路さんに尋ねました、
    「遍路道のガケ崩れ現場、渡れましたか?」
    「恐かったけど、なんとか渡りました・・・」。
    その現場と云うのが9月末の大雨で痛んだココ。
   ザックリえぐられて川になった遍路道
f0213825_19065479.jpg
  沢に架かる小さな橋にせき止められた流木や瓦礫
f0213825_19071278.jpg
              画像提供:道後湯けむり遍路道ツーデーウオーク実行委員会
      11/18のノルディックウオーク大会のコース上の現場を検分されたときの写真をお借りしました。
      ※参加者の安全のため、すでにコースの一部変更も検討されておられますことを申し添えます。

  ボランティアが現場へ入山して修復するには、必要機材の搬入も困難な山の中腹にあり、
  崩壊現場は数箇所に及び、専門業者による「土木工事」が必要な情況を呈しております。
  坂本屋としても、地元有識者と連絡をとりながらも着手に至らず苦慮している現状です、
  三坂峠の旧遍路道歩きをご予定のお遍路さんは現場の情報に充分ご注意お願い致します。
                 (上記四行は当ブログ管理者の個人的な記述です)
  『迂回路の私的ご案内』(10/6facebokへの投稿記事転載)
   三坂峠から浄瑠璃寺への旧土佐街道(遍路道)のがけ崩れによる迂回路についてご提案。
    旧道の安全が確認・確保できるまで、添付の一般道のご利用をご検討されては如何でしょう?
       1)三坂峠から大久保坂バス停~奥久谷農道経由浄瑠璃寺町へ
       2)三坂峠から塩ヶ森バス停~三ツ池経由浄瑠璃寺町へ
f0213825_10105327.jpg
     「へんろみち保存協力会」様の地図P58へ青い線で迂回路をんで書き込でみました。
 <11/3追記>
   上記のガケ崩れ箇所については、11/18のノルディックウオーク大会実行委員会に対し、
   関係者並びに関係部署より
   『倒木・ガレキを片付けて、通行可能な状態へ修復をした』との連絡があったそうです。

   迅速な対応に感謝申し上げます。 
 
08:45 小雨のなか、雨戸を開けて湯を沸かし、お接待仕度にかかります。 
    一人、お遍路さんが下って来られました、
    「へんろ道のガケ崩れ場所、如何でしたか?」
    「なんとか渡りましたが、この雨が続くと危ないです」。 
    「熱いお茶でも飲んで行かれませんか?」
    「ありがとうございます、濡れているのでこのまま歩きます」。
f0213825_19541960.jpg
   外気温15度
  
f0213825_19505287.jpg
 
        寒くなりました・・・奥で長老が囲炉裏火を焚き、
        その囲炉裏火を囲んで、今日も女子大生さんの「卒論研究取材」が始まりました。
f0213825_20013615.jpg
            前にも書きましたが、京都さんの研究テーマは
            「四国遍路とお接待文化・お接待する側の人々の思い」(だったかな?)
            大学生さんが、そのようなところに着目して研究されるとは面映い! 

 相変わらずの雨のせいか?
 久万高原町側で看板でも立って、ガケ崩れ情報が行き届いたものか?お遍路さんはみえない・・・
 久万高原町東明神の遍路宿の庵主に電話を入れてみた、
 「今朝、遍路さんを見送り方々、現場まで下ってみたが、雨がふる度に痛みは広く深くなりよる」。
 いかん、明日はどえらい21号が四国へ近づきある・・・ 困った。

 それから、 
 今日、門前の小僧には一つ仕事がありました。
 2017年3月25日の朝一番のこと
 まだ開いていない坂本屋の軒下で一人のお遍路さんがひと休み中でした、
f0213825_20370937.jpg
 持参した熱いポットのお茶がありますが、いかがですか?
 女房が持たせてくれた「坊っちゃん団子」を添えてお接待。
 「今日は門前の小僧さんは当番じゃないですか?」
 えっ~! 私ですけど!
 「いつもブログを読んでいるので、会えればいいなと
          8時40分まで待つてみる気でした」。
 と、差し出された納め札にアマ無線の呼び出し符号、
 JA4◇△B  二度たまげたことでした。

 もっと もっとお話しはしたかったのですが、
 逆打ちお遍路さんのこの先の長旅を思えば、お引留めしてはならじと、峠へお見送りしたことでした。


 話しは終わらない。
 つい先月末のこと、そのJA4◇△B お遍路局長から宅急便が届いた。
 「趣味で作った、坂本屋さんには関係ないがエクステリアの一つになれば」と、
 緑の香りも芳しい杉玉
 相原会長「おもしろい!飾って下さい、場所は任す」。
 迷わず、お遍路局長が腰掛けて一杯のお茶を飲んでもらった離れ部屋の軒天にゆらり遊泳。
f0213825_21143373.jpg
            運営委員皆さん、イイ酒飲みだからマッチングもいとよろし!
 
 12:10~ 山賊の昼飯
f0213825_09173172.jpg


  結局、午前中お立ち寄りのお遍路さんはなく・・・
  京都さん、当番みんなそれぞれ持参の弁当昼飯、
  囲炉裏火が何よりのご馳走だったりして(笑)




  昼飯しのあとも、京都さんの長老への聞き取り取材は続く、
          登り下りのお遍路さんもなく
          門前、手持ち無沙汰・・・
          雨はシトシトと降り続きます。  
f0213825_09230526.jpg

 14:30 長老のひと声
    「よし、もう今日は岩屋寺組も降りて来んやろ~、閉めるか」。
     みんなで旗仕舞い、火の始末、施錠して本日の坂本屋お終い。
     
     帰り道、京都さんの聞き取り取材中、
     話しに出てきた浄瑠璃寺町の昔造り酒屋、今貸しホールの「大黒座」を案内。

 15:00 よそ様のお嬢を隣町の自宅まで送って門前の小僧本日のミッション完了。
 
    
私を尋ねて自転車お遍路中のお二人は、近づく台風を避けて古岩屋荘で連泊だとか・・・
そうです、道中無事でこそお遍路ですから。  

    

Commented by 京の彩わ at 2017-10-26 11:39 x
がけ崩れのようになっている写真を見ると、歩かれるお遍路さんの足元が心配です。
杉玉に気付けなかったので次回楽しみにしています!
Commented by jh5swz at 2017-10-26 12:35
京の彩和さん、
 どなた様か判らないのですが、危険箇所へ簡易迂回路を作って貰ったようですが、
あくまで応急対策なので、又月末に予報されている台風(特に雨)次第では本当に
アブナイと思います、一般道(昔のR33)の利用をお勧めしたいものです。
 「杉玉」は長老への取材中に取り付けました、面白いエクステリアができました、
お楽しみに^.^  
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2017-10-23 21:23 | 坂本屋日記2017 | Comments(2)