坂本屋の餅つき 2017

平成29年12月23日(土)天皇誕生日
 恒例、坂本屋のお正月準備、
 坂本公民館とコラボレーションして行う「餅つき」&「お正月飾り」手作りディー。

07:30  昨年夏から「卒論研究・四国遍路とお接待文化」取材のため、
    坂本屋へ熱心に通われた”京の彩和さん”を隣町へ迎えに行って坂本屋へスタート。
     
08:00 坂本屋現着。
    母屋に真新しい破風が取り付けられて修築工事は順調に捗っていました。
f0213825_17101811.jpg

 寒いもんぞね、三坂の朝は!
f0213825_17154359.jpg

     寒さ堪えて、もう一度「破風板」を眺めました、
     年中陽ざらし雨ざらしの破風の傷みが酷かっただけに
     ほっとするやら嬉しいやらの門前の小僧なのです。 
f0213825_17140438.jpg


瓦揚げのリフトも設置されて
   いよいよ葺き替えが始まる気配です
f0213825_19243312.jpg
  今日のために玄関のメッシュシートを
    開放してもらっています、ありがとうございます!
 
f0213825_19291103.jpg




08:20 三坂峠から下られた愛知さん、熱い茶でいっぷくされてご出立。
    今日、松山で一旦区切ってお国へお帰りとのこと、どうぞ、よいお年をお迎え下さい。
f0213825_17211761.jpg
             結局、午後3時の施錠までのお遍路さんは愛知さんお一人でした。

08:40 厨房から下ごしらえできた野菜が並べられて          
f0213825_19442221.jpg
       総勢70人分のシシ鍋炊きが始まりました。
f0213825_19460607.jpg

08:50 シシ鍋と湯沸かし用の大きいかまどが二つ、
         もち米蒸篭かまど三つ、石臼三つが並んで準備OK!
 
f0213825_19575931.jpg

09:50 三々五々、子供達がやってきた。
f0213825_20022370.jpg

   あっというまに、餅つきが始まって、子供達の眼が輝きます。
f0213825_20063644.jpg

  三つ並んだ蒸篭が三連蒸気機関車よろしくフル稼働、
      火遊びしたら寝ションベンするぞ!と大人、
      「火遊び」ではありません、「火の守り」です。 
f0213825_08080254.jpg
          風呂を焚いたことは無く、焚き火もご法度の子供達にはイイ経験かも。
            

  
  捏ねて搗くのも合いの手も子供     
f0213825_08101696.jpg

  
  毎年のことながら、
   この行事のスターは子供達。
      大人は見守るだけ。
 
f0213825_08103773.jpg


  二日前から研いだもち米60キロを水につけて、今日に備えられたマドンナ有志さんお疲れ様でした。

 
  搗きあがったら座敷へ運ばれて
   f0213825_08215000.jpg
    ちぎって丸めて 
f0213825_08222191.jpg
 あんこも入れて2階の座敷へ並べます、
 この小ぶりで形が不ぞろいなのは1/8駅伝大会の「お接待ぜんざい餅」だそうです。

f0213825_08280946.jpg
   
f0213825_08321933.jpg
                                 (丸いきれいな餅もたくさんありました)

 シシ鍋担当、奮戦中
f0213825_08391944.jpg
     献上窪野米のおにぎり担当、奮闘中
f0213825_08411126.jpg

12:20 シシ鍋とにぎりめし配膳開始。
f0213825_10435963.jpg

       子供達、食べる 食べる!もちろん搗いたばかりの餅もあります。 
f0213825_10472067.jpg

13:10 
なんとあっというマに完食! 完売!
f0213825_10532876.jpg

  早朝から野菜など下ごしらえのマドンナ皆さんありがとう!
  駐車場でドラム缶かまど仕度のオトコ連皆さんお疲れさま!
  自宅から石臼、蒸篭、大鍋etc持ち込みの方々ありがとう!
  甘いとか辛いとか味加減に苦心の皆さんありがとう!

  門前、お前何をした?
          ハイ、いつもの「味見ま専科」。





 シシ鍋、にぎりめしと餅の腹ごなしにほんのちょっと遍路道をブラタモリもどき。
f0213825_19445469.jpg

13:30 いっぷくのあと、お正月用注連縄飾り塾が始まりました。
    長老がきれいな藁とウラジロとダイダイを持ち込んで、
    お飾りの由縁の説明のあと、坂本村の後継者にまずは縄の編み方の伝授!
f0213825_11111636.jpg

 10本ほど藁をヨルのだが・・・
f0213825_12014383.jpg

      なかなか「縄」にならない・・・
f0213825_12030221.jpg
 
 それでも30分ほど経つと、なんとか「松山飾り」が出来上がりつつあり、子供達笑顔。
f0213825_12053525.jpg
 ダイダイ付けた玄関お飾りとシロ餅、よもぎ餅、アン餅取り混ぜて20個?づつをおみやげに
嬉しそうに誇らしげに帰っていく子供達に「よくやった!」と拍手を送った門前の小僧でした。



 
14:50 最後に会長が紙垂と榊を挿した新しい注連縄を玄関に垂れ下げて、めでたし
f0213825_12152963.jpg
           平成三十年 戊戌(つちのえいぬ)ここを歩かれるお遍路さんの道中ご安全を!

15:20 八坂寺さんへお正月の「みきゃんカレンダー」届けて、
15:50 よそ様のお嬢を自宅へ送り届けて、本日のミッション終了いたしました。
    卒論パスして元気に帰っておいでなさいよ~
         
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
    この行事をもって坂本屋は冬眠に入ります。
    来春は3月3日(土)からオープンいたします。
   坂本屋由縁の皆さま 
       佳い年をお迎え下さいませ。

             引き続き2018年の坂本屋も温かく見守ってやって下さい。
                                  坂本屋丁稚:門前の小僧                    
  
          
   

Commented by 桃ぶどう at 2017-12-28 17:11 x
小さな手で丸めるお餅やよって作る縄、これは難しい。
うん十年前の、思いは強いのに上手く手がうごかない自分を思い出しました。
貴重な体験ですねぇ~今の時代、モノやお金よりズ~ッと贅沢。幸せな時間。

今年も楽しく拝見させていただきました。ありがとうございましたm(__)m
来年もよろしくおねがいします、小僧さん。
Commented by 門前の小僧 at 2017-12-29 08:48 x
>桃さん
 餅をつく、合いの手を入れる、ちぎって丸める、藁をよる、縄をなう、
最初は、わあ~わあ~ きゃあ~きゃあ~言っていた子供達がだんだん
一生懸命になる姿が「そりゃあ~もう里山のお宝」でした。

 来年はもう少しマジメなお遍路日記が増えるといいなあ~と反省ing、
懲りずにちょいちょい覗いてやって下さい。
 「ジェジェジェ!」って驚くほどよいお年をお迎え下さい。
 2019年も どうぞよろしく。 
 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2017-12-25 12:42 | 坂本屋日記2017 | Comments(2)