おしどりお遍路さん続々

2018年10月20日(土)
    10/05 南海放送制作・ロシア国営放送番組中の「四国遍路とお接待」コンテンツ収録
    10/07 秋祭り:坂本屋への御輿渡行と地域への修築お披露目、
       など楽しい番外出仕が続きましたが、
       本日は当番シフトによる坂本屋お接待出仕です。

07:45 三坂峠を登り下りのお遍路さんにとって絶好の空模様に気分よくして自宅出発。
    カミさんが弁当と朝一のお遍路さん用の熱い茶とコーヒーをポットに用意してくれた、ありがたい。
    高井の里の48番西林寺さん朝参り、県外ナンバーの自家用車多数。
    榎の網掛け大師堂さんへお遍路さんの道中安全をお願いして山道を疾走?

08:30 坂本屋現着。
    ここまでにすれ違った歩き遍路さん5人!、秋のお参りシーズンを感じたことです。
    幟旗などオープン準備中、一人の順打ち遍路さん、
    「熱い茶とコーヒーがありますが、休んで行かれませんか?」
    先をお急ぎでした・・・ 道中ご安全に。 580
f0213825_12451777.jpg
   外気温15℃、峠は寒かったハズ・・・  
f0213825_12452977.jpg
                        
  
 08:50 準備完了!
     葺き替えた瓦や真新しい破風、漆喰壁が冷気に包まれて凛と冴えます。
     今年の冬は雪が降っても大丈夫です坂本屋、今年106歳、長寿なり。
f0213825_12491153.jpg
                   
                  当番の長老に囲炉裏火を焚いてもらいました。 
f0213825_13151506.jpg

 10:05 いつもの久万高原町前泊組?の到着までにブラタモリもどき「三坂の秋」。
    今からこそイケズ三昧の?イノシシ対策・・・
f0213825_13191285.jpg
   不時着したオスプレイではございませんのヨ^0^  
f0213825_15265105.jpg


                渋柿ひとつ熟れて三坂の秋を知る  -才能あり? ナシ?ー 
f0213825_15285653.jpg

  
 10:48 炉端でひと休みされた東京さんご出立。
     災害で傷んだ県内南予各峠へんろ道、ここ数日前の状況を詳しく教えて頂きました。
     「自己責任なら歩けます」とのこと・・・ まだまだ厳しさが伝わります・・・
f0213825_13351387.jpg
                                          581                                   
                    今夜は東道後温泉で ご湯っくり~!

 11:17 炉端で寛がれるおしどりお遍路:名古屋さん
     窪野町では一番美味しいと評判の川中さん持参のミカンが大好評。
     「近頃ガイジン遍路さんが多いのだが名古屋が何処にあるのか説明しても判ってくれん・・・」
           素晴らしき哉 郷土愛! みんなの笑い声が囲炉裏部屋に響きました。 
f0213825_14170251.jpg
                     撮影・掲載のお断りができていません、せめて背中を・・・

 11:50 名古屋さん夫妻ご出立。
     「約70分でご予約の長珍屋さんへ着きますから、
     ザックを預けて、お参り用具とお杖で46番浄瑠璃寺さん、47番八坂寺さんを参拝されて、
     お帰りになると、ちょうどお風呂が沸いている時間かもですよ」などと余計なご案内(苦笑)
f0213825_14282587.jpg
                                          583


 11:55 入れ替わるように、おしどりお遍路・大阪さんがお立ち寄り。
     「何年ぶりになるかなあ~坂本屋さんが開いていてよかった~
                弁当食べたいのですが、かまんですかな?」
     「どうぞ どうぞ よければ炉端で一緒に食べませんか」。
     「まあ~珍しい!」と、囲炉裏を見て奥さんが大喜び。
     ご主人が丸太イスにお座りになるやいなや、 
     「私は版画が趣味で前回の旅を版画にして来ましたから差し上げます」。
     当番三人に一枚ずつ白い封筒を戴きました。
     私の封筒に入っていた作品がこれ! なんと「坂本屋」、めちゃくちゃ嬉しかった。
f0213825_15002702.jpg

 12:31 大阪さん夫妻ご出立。
     お二人が交替で何度も何度も振り返って、お礼をされるので恐縮したことです。
     戴いた納め札の色は少なくとも五巡以上、貫禄の歩き。
     道中ご安全に いいお参りなさって下さい 合掌・・・
f0213825_15061936.jpg
                                          585

 13:27 自転車逆打ちお遍路さんが・・・
     「いっぷくして行きませんか?、この先キツイですよ」
     「しんど~なったら引きかえして来ます」とニッコリ。
     「ご安全に」。
f0213825_07375624.jpg
               三時までには下山ナシ、無事に峠クリアーでしたか?   586
                                          


 13:50 続くものです!
     おしどりお遍路・埼玉さんがお立ち寄り。
     「ここで弁当食べていいですか?」
     「どうぞ どうぞ」
     炉端をご案内したのですが、玄関の縁台をご希望、お茶を運びます。 

 14:20 埼玉さん夫妻ご出立。
     直前のおしどり二組さんも「長珍屋」さんでしたよ、と見送ると
     「夕食、ご一緒でしょうね~ 楽しみに追っかけます」。
     結願まで お道 よろしゅう~! 
  
f0213825_15200291.jpg
                                          588

           前になったり、後になったり、何処で別れたかな?と気になっていたら、
           打ち合せもしていないのに次のお宿でバッタリ再会!!!
           風呂上り、膳を並べて般若湯八勺、お国自慢に花が咲きます。
           私は、これこそ歩き遍路の醍醐味ではないかと思うのです。



 14:30 一台の乗用車が停車。
     「私は三坂馬子唄が大好きで、民謡教室まで通って習いました、
        今日は馬子唄のふるさと・旧土佐街道の坂本屋を見学に来ました」。
     愛原会長から旧街道と坂本屋の歴史、地元小学校でも三坂馬子唄を教えていることなどを説明。
             やっぱり三坂馬子唄を坂本屋のBGMで流したいなあ~

 15:00 話しは尽きない様子だったが、三時で閉めることをお断りして・・・
     幟旗仕舞って、玄関雨戸閉めて、囲炉裏火消して、勝手口施錠、
     川中さんからミカン、愛原会長から野菜をたくさん戴いて下山。
     「お接待に行って、お接待されて、お父さん何考えトンの~」と台所から歓喜の声。

 10月21日(日)の日記。
    昨日の昼弁当の折り、大阪さんが
    「前回は手打ちうどんのお接待を戴きましてな」とのひと言が気になって・・・
          (私、そのイベント日は皆勤賞なのです)
    早朝からHDDのアルバムを開いてみました。
    なんと! 2014年4月5日、確かに夫妻はひと休みされて
    地元愛媛大学〇〇部OB会皆さまが振舞われた手打ちうどんを堪能されておられました。

    早速、その折の夫妻の写真をプリントして、48番西林寺さんで待つこと1時間半、
    昨日の三組のおしどりお遍路さんが前後してご到着。
    名古屋さん、大阪さん、埼玉さんが昨日の私を覚えていて下さって、嬉しさ右肩上がり!
    ワケをお話しして、大阪さんに4年前のスナップ写真を差し上げました、
    夫妻も驚かれるやら喜ばれるやら!!!

         またひとつ                                                                                                                                      
        思い出に残るご縁を重ねることができました。  
     
                       


Commented by 桃ぶどう at 2018-10-25 21:22 x
>早朝からHDDのアルバムを開いてみました。
>なんと! 2014年4月5日、確かに夫妻はひと休みされて地元愛媛大学〇〇部OB会皆さまが振舞われた手打ちうどんを堪能されておられました。

綺麗に写真に納まっていましたね。プリントをして届けて差し上げる、小僧さんは本当によく気が付かれる優しい方です。

いつまでも、小僧にしておくのはもったいない。小僧にも年齢制限があるんじゃないのかなぁ~(〃艸〃)
Commented by jh5swz at 2018-10-26 07:42
桃さん、
 たくさん持ち上げましたね~
 昔、「誉め殺し」などという刑罰がありましたけど、ご勘弁を ペッコリ(笑)。
 ただただ、「おせったい と おせっかい は一文字違い、ほどよい距離感で」を
モットーにお茶を汲んでいるだけなんですよ~ 
 あっ、お茶の話しは桃さんが専門家でした、いっぺんご指導にご来駕願います。

 私への辞令は「一代小僧」です。年齢制限もありません ← コレが素晴らしい!!!
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2018-10-21 17:10 | 坂本屋日記2018 | Comments(2)