人気ブログランキング |

48年目の結願!

2019年5月16日(木)
 お遍路備忘録(その2)
 ワケはおいおい白状するとして、なんとかこの春で一旦区切りたかった遍路日記です。
 そのクルマ遍路のコースとは次の地図の緑の線の如し、  
f0213825_09381304.png
   今回の目的(緑線コース順)
     1・須崎市の別格 大善寺をお参りして中土佐まで安和海岸を初走行
     2・2010年2/13弔問以来ご無沙汰の同業友達宅訪問
     3・第37番岩本寺お参り
     4・JR予土線に沿って国道318号線を初走行
     5・決して逆走などしないこと

   以下、その日記(その2)
 
10:15 と云うワケで今から3番目のミッション・第37番岩本寺めざして走ります。
f0213825_07234116.png
   

     昔は 昔は と、語り部みたいですが・・・
     土佐久礼から窪川町まで
     昭和〇〇年頃、未舗装のR56を疾走、七子峠でひと休みして窪川町まで約2時間?
     平成20年、大坂へんろ道を七子峠まで登り、R56を歩いて岩本寺へ5時間30分。
     令和元年、高速道を利用して岩本寺まで33分
     今昔の感あり過ぎです・・・              
     
     今回、高速道を走ったものですから七子峠なんぞは通りません、
        平成20年の歩きへんろ道中、「鮎の塩焼き定食」を食べたドライブインも通りません、
     当時、赤字悪戦苦闘のJR列車を尻目に「伸延工事は凍結します」と云いながら、
     JR「影野駅」辺りでは高速道の伸延工事をガンガンやってましたな~   

f0213825_16042197.jpg


  10:48 とにもかくにも、今回、土佐久礼をスタート後33分で第37番岩本寺・駐車場現着。
      遍路身支度を整えて山門へ向います。
      
      申し上げます、
      門前の小僧、46年かかりましたが四国霊場二巡目の結願のため入山致します。
f0213825_14110991.jpg
   

      霊場第37番 藤井山 岩本寺 本堂 (右手前:鐘楼堂)
f0213825_14113870.jpg

      48年の思いを込めて読経、写経を納めて健康で巡拝できたお礼を申し上げました。
f0213825_14122052.jpg


 数ある岩本寺のエピソートの中でも語り尽くされている本堂天井絵の
f0213825_14274954.jpg

  人気の要因は彼女だと思っている私、
  M/モンロー様にもご挨拶、「お久しゅうございます」。   
f0213825_09330442.jpg

          本堂新築時、プロ・アマを問わず一般公募したと聞く575枚は必見です!

大師堂参拝、鯉のぼりまで二度目の結願を喜んでくれてました。
f0213825_14480332.jpg
 納経所でグループ遍路さんの先達さんあり、外で待機、
 おや?ベンチに置いてある菅笠とザックの色は?
 もしかすると・・・ 
 おォ~ やっぱり、やんちゃ連の松本先達さんでした。 
f0213825_14471090.jpg
 無事、二巡目結願の納経が終わりました。
 選んで第37番を残したワケではありません、
 気が付けば岩本寺さんだけが「重ね朱印」になってなかったのです。



   <私のへんろ始め>
   昭和46年(1971)、一番霊山寺の前にあった取引先のご主人が
   「あんた、四国を担当したらお遍路をおやり」。
   爺ちゃん、婆ちゃんが昭和25年にお四国参りを済ませた記憶があった私、
   即「ハイ!」、門前の小僧は隔世遺伝遍路なんです。
   以来、営業担当した出張の先々で霊場があればお参りを続けていました。

   <初めての歩き遍路>
   平成18年(2006)から平成23年(2011)、
   優しくて厳しいお先達さんと同行20人に恵まれて歩き遍路を結願。
   結願後、旧遍路宿 坂本屋でお接待の手伝いをしながら
   引き続き、足の向くまま気に向くままアチコチの霊場へお参りを続けています。

   20数回のご納経寺もあれば、2回・3回の札所もあり・・・
   もっとも、昔も今もお参りしてもお納経を受けないこと再々なのですが。
  
   納経所前のベンチで色々あった48年を振り返ってぼ~っとしていたところ、
   本堂から法楽太鼓が聞こえ始めました。
   ひょっとしたら! 

  やっぱり先ほどお納経所で会ったお遍路皆さまと
f0213825_16074165.jpg
  やんちゃ連の松本お先達さん! でした。
          写真掲載ご承諾済み 謝謝!
f0213825_16080024.jpg
                                          
    私の記念日に力強い法楽太鼓と息の合った見事な般若心経を聴くことができて感動でした。

  内陣後方で目を閉じて拝聴しながら決めました、
              定番のお納経に加えて    
  f0213825_16183438.jpg
 白衣の左肩、並なら二度目も39番延光寺さんでしょうけど、
 八十八番結願所印の左へ五智宝印をお願いしました。
 門前の小僧流儀の背中の紋章です。
      
 この白衣は棺桶なんぞに入れなくてよろしい、
 へんろ歩きが好きな異国に住む孫にやってくれ(笑)      
f0213825_16185293.jpg

 
  

  今回のお参り、小僧には珍しく予習をして出かけました。

  手元の参考書に、
  岩本寺には五体の本尊が祀られており、
  ご朱印にもそれを見ることができると書いてあった、
f0213825_17003220.jpg
  
  お納経中央の宝印は八稜鏡に五つの梵字で、
   ・不動明王の種字「カーン」、
   ・阿弥陀如来の種字「キリーク」、
   ・聖観音の種字「サ」、
   ・薬師如来の種字「バイ」、
   ・地蔵菩薩の種字「カ」、と書いてあるのだが
  種字とは、それぞれの仏を表す象形文字らしいのですが
  順序が不明、いわんや梵字はまったく読めません・・・
  どなたか教えて下さい。 
  
  本堂でカンペを広げて五仏のご真言を読んでみましたが、
  『おん ころころ せんだり まとうぎ そわか』
  以外は舌を噛みそうで恥ずかしかった小僧でした・・・  


  奇しくも二度目の結願寺となった「第37番霊場」は
  明治から昭和の一時期、
  私が生まれた愛媛県八幡浜市にもあったことも「ご縁」に違いない。
  この件、
  詳細は「古今御朱印研究室(第37番岩本寺)」を是非お読みいただきたい
  ついでに
  雑学「門前の小僧遍路日記・幻の第37番」も(笑)
  ときの政権のご都合に翻弄された寺院の苦難に思いを馳せる門前の小僧です。

  これにて本日、第3のミッションを終了、
  これから窪川町のおみやげを買って、
  生まれて初めてJR予土線沿いのR381をドライブして三間ICから松山へ走ります。

    ところで
    今は窪川町と云わないで「高岡郡四万十町」なんですね~・・・
    昔の中村市が四万十市になって、高岡郡にも四万十町があって・・・ 
    ちょっとややこしいなあ~

  

  その道中絵日記は次稿にて
   


名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2019-05-20 12:08 | 48年目の結願旅 | Comments(0)