人気ブログランキング | 話題のタグを見る

親父の祥月命日/令和参年お参り納め第47番八坂寺

2021年12月25日(土)の日記。
 世間は Merry Christmas !モードではあるが、
 コロナ変異株「オミクロン」の不穏なNEWSが流れて例年の明るさはないような気がする。

 今日は親父の祥月命日・・・
 女房と二人で八坂寺さんと八坂霊園をお参りして帰りました。

   
09:30 自宅から15分、
            参道入り口の食堂でシキビを買って八坂寺への緩い坂道をアクセル踏むと
    正面に私の好きな第47番八坂寺さんの極楽山門橋と本堂のお迎えがあります。
親父の祥月命日/令和参年お参り納め第47番八坂寺_f0213825_14180225.jpg


    駐車場から山門への下り坂に今年3月28日に開眼法要が執り行われた、
    八坂寺開山の祖と聞き及ぶ役小角(えんのおづぬ)神變大菩薩像が安置されています。
親父の祥月命日/令和参年お参り納め第47番八坂寺_f0213825_14341381.jpg
 
いつも穏やかで優しいお顔の大菩薩様です。   
親父の祥月命日/令和参年お参り納め第47番八坂寺_f0213825_14342337.jpg

  歩きお遍路さんには山門左手の神變大菩薩像は直ぐ目に付きますが、
  自家用車でお参りの方で、
  駐車場から山門を通らないで直接境内本堂へお参りされてはお目に留まらないかも・・・

  お納経所へ挨拶して、石段登って梵鐘を撞いて合掌・・・
  夏に逝った弟の極楽浄土暮らしの安寧を本堂・大師堂にお願いしてお納経所へ。
      令和三年、霊場お参り納めの御朱印を受けました。
親父の祥月命日/令和参年お参り納め第47番八坂寺_f0213825_14525773.jpg
    お納経所へ下る石段と御簾垣に囲まれた閑静な庭園。
親父の祥月命日/令和参年お参り納め第47番八坂寺_f0213825_14512140.jpg
   ご住職にご挨拶ができなくて残念でしたが、
   熊野山八坂寺の影の大僧正「ネコ殿」に暮のご挨拶を ^0^



 10:00 八坂霊園は今年最後の土曜日とあって駐車場も満杯でしたが・・・
     園内通路で少し待機して居たら駐車できました。
親父の祥月命日/令和参年お参り納め第47番八坂寺_f0213825_15583213.jpg
 
 実家の村から改葬した歴代仏さまの終の棲家は
 平素は県道沿いの土用部池側から入園すれば
 管理棟と駐車場に近い所にあり、
 水汲み場の手桶を借りて、秋彼岸以来の墓石を洗って
 シキミを替えてお正月用のカップ酒と甘酒を供えて
 お線香立てて合掌・・・ 私から仏さんへ
 「ええ歳 お迎えよ~」とつぶやいたら
 「そりゃ 極楽から言う挨拶じゃあ~」と、仏さん。
 
     
     秋のお彼岸参りの折り、管理棟で聞いたところ3300基の墓石が並ぶという霊園は
     ますます山の上へ拡張中で、右手下には樹木葬エリアも計画中とか・・・
     昨今の核家族化による『下町の墓守事情』が窺えます。
親父の祥月命日/令和参年お参り納め第47番八坂寺_f0213825_15545691.jpg

     3年前の改葬まで春夏秋冬、村の墓掃除は欠かしたことはなかったが、
     片道100㌔、ほぼ一日がかりの村の墓参りに比べれば道草方々の約2時間は助かります。

         決して往復200㌔の運転ごときが苦痛で決意した改葬ではありませんが、
     歴代の墓守のことで折にふれて悩むのは自分の代でピリオドを打ちたかったし、
     自動車免許の返上もそんなに遠い日ではないと感じるアノ更新事前試験 (苦笑)。

     村のお墓の閉眼法要の日、ご近所さんに「よくやった!」と言ってもらったとき、
     一瞬、褒められることかいな? と迷ったが笑顔で送り出して貰ってホッとしました。
     ただ、村が少し遠くなったような気持ちになったことは事実です。

 11:30 帰路、奥さんが好きな浄瑠璃寺近くの「産直市場」でアレコレ野菜を調達して帰宅。

 やれやれの夜、
親父の祥月命日/令和参年お参り納め第47番八坂寺_f0213825_19245443.jpg

 長い付き合いになる御荘町の友達から
 今年も「愛南ナマ牡蛎」を沢山送って貰ったので、
 今夜の晩酌は「牡蛎を焼いて」冷酒を2号ほど呑みました、
 牡蛎は七輪の炭火で焼くのが一番なんでしょうけど、
 そんな洒落たものはないのでガスコンロ、
 それでも実に美味かった!です。  
 今日の霊場納め参りと歴代仏様の墓参が
 年末の「仕事?納め気分」の晩酌でした。



 
   ご挨拶
      八月に弟が永眠いたしました、
  喪中につき、正月飾りも為さず
  新年のご挨拶を失礼致しますがご容赦願います。
  みなさまにはどうぞ佳いお年をお迎えください。
                                                
  
 


Commented by 桃ぶどう at 2021-12-31 14:33 x
朝から雪が降ったり晴れたりの繰り返し、とても寒い大晦日です。

門前さんも奥様も暖かくして流行り風邪をひきませんように。穏やかで健やかな年になりますようにお祈りします。

Commented by jh5swz at 2021-12-31 15:37
桃さん、
湿っぽい日記になってしまったブログへのコメントありがとうございます。
今日は道後も冷え込んでいます、多分、久万高原町岩屋寺辺りは雪でしょう、
手強いコロナ余波で子供達みんなに「帰省自粛令」を発令しましたので、
爺婆二人で静かに静かにお正月を過ごすとこになりそうです、なりますね・・・

春の坂本屋再開の頃にはコロナも落ち着いた「星」になって欲しいものです。
山女さんの高山紀行の次は何処でしょう、楽しい日記を楽しみにしています。
ご家族おそろいで、佳いお年をお迎えくださいませ。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2021-12-25 19:48 | Comments(2)