2018オールジャパンウオーキングカップ愛媛県認定大会
第7回道後湯けむり遍路道ウオーク大会のお知らせ
                    主催:道後湯けむり遍路道ツーデーウオーク実行委員会

         坂本屋では久万高原町から第46番浄瑠璃寺コースを歩かれる参加者皆様の
        お接待休憩所として今年もこの大会をお手伝いさせて頂くこととなりました。

        大会実行委員会よりパンフレットが届きましたのでその概要をご案内します。                              
f0213825_07110457.jpg
         大会にかかるパンフレットのご希望並びに
            詳細お問い合わせは、実行委員会ホームページをご覧下さい。⇔クリック 
 
 大会は2日間に亘って、道後公園をスタート・ゴール地として
 参加者皆様それぞれの脚力に応じて5㌔から究極の40㌔まで多彩な8コースが設定されています。
 
 ここでは、11月17日(土)
4つのコースのうち、 
岩屋寺~三坂峠~坂本屋前(休憩地)~浄瑠璃寺を歩く三コース上の
四国霊場・休憩地・お楽しみポイントを
主催者パンフレットの案内図に沿ってご紹介いたします。
f0213825_10015667.jpg
         
 いずれも受付会場⇒歩き始めポイント及びゴール地⇒受付会場間の送迎バスあり)
f0213825_07375318.jpg

          以下の記事中の距離はおおよその目安を記したもので実測距離ではありません。
駐車場から600m、約300段の石段を登り詰めると         
◇第45番岩屋寺<究極の35㌔健脚コース・出発地>
  奇岩怪岩に抱かれた伽藍全山はニューヨーク・タイムズでも絶賛された必見の霊場です。
f0213825_10125647.jpg

   時間に余裕がありましたら・・・
   本堂右手裏の大きな岩窟の一つにご注目!
f0213825_08355174.jpg  目を凝らして一つ一つの岩窟を探索してみて下さい、
  本堂の屋根越しの岩穴の中に高さ20㌢ほどに見える
    (実物は1,2m前後あるらしい・・・)
  青銅色の阿弥陀如来様が
  「よう~参られたの~」と、お出迎えがあります。
f0213825_11192146.jpg
              2014/09/13 COOLPIX P100 ×26
   奥之院に続く山門の前から三脚ナシで撮影 ^0^    




岩屋寺駐車場から3キロ
◇奇岩怪岩の古岩屋<紅葉の遍路道12㌔コース・出発地>
  ひょっとすると古岩屋は紅葉まっさかりかもしれません。
f0213825_11320288.jpg
                        2015/11/07
 
  こちらもお時間があれば・・・
県道左手のこの看板の細道を山手に進み
f0213825_09400039.jpg
  谷川に沿って遍路道を5,6分歩くと、
    対岸の大きな不動岩穴に立派な不動明王像が。
f0213825_10033407.jpg


古岩屋から約3キロ     
◇久万高原ふるさと村でひと休みされますか?
f0213825_10420060.jpg


ふるさと村から約2キロ
◇河合の遍路宿跡
   かって15軒の遍路宿が並び、春の彼岸前後には一晩に300人が泊まったと伝わります。
f0213825_12131765.jpg
  
f0213825_12143772.jpg


 河合から約5キロ  
◇第44番大寶寺
  タイミングがよければ本堂へ登る石段から境内全体はイエロー&レッドカーペットでしょう、
f0213825_10570528.jpg
                2015/11/07



 大寶寺から約3キロ
◇道の駅 天空の郷さんさん<紅葉の遍路道12㌔コース・ゴール地>
     「天空の郷」とは伊予の軽井沢と云われる高原の町を喩え、
     「さんさん」は太陽が燦燦と、R33を懸けたお洒落なネーミング。

f0213825_11470958.jpg


      
 道の駅から約6キロ
◇標高720mの三坂峠<旧土佐遍路道10㌔コース・出発地>
  f0213825_13094700.jpg

 高規格道路の開通に伴い、
 現在このバス停はなくなりましたが・・・
 ツーデーウオークは、ここから昔の遍路道「久万街道」を下ります。


 かって久万高原町と松山城下を結ぶ生活道路「久万街道」

f0213825_13182389.jpg
      急坂もありますが、いいへんろ道です   
f0213825_13184257.jpg



                    鍋割坂からの松山市街地眺望

f0213825_13243975.jpg



 三坂峠から約4キロ
◇旧遍路宿・坂本屋
  現在は毎週土・日、地元ボランティア30余人が交替でお遍路さんのお接待をしています。 
             ↓10㌔コース先頭ウオーカーズ到着スナップ
f0213825_15080845.jpg
                                 2016/11/20 09:05 

  
     築後106年 旧遍路宿・坂本屋でお待ちしております
          Befor
f0213825_07024698.jpg

            
          After  

2018年6月8日 皆さまのご支援を頂き屋根瓦を葺き替え改築致しました。
f0213825_11455608.jpg


各方面のご厚志により洋式トイレも2基増設することができました。
f0213825_12261995.jpg

f0213825_12184384.jpg
f0213825_12185256.jpg







 




  ひと休みして行かれませんか? 
f0213825_10305698.jpg



     駐車場の特設休憩所
f0213825_07364885.jpg

       当日限定!
      坂本屋名物「草餅」のお接待
  
f0213825_15291297.jpg



 

          ↓10㌔コース最終ウオーカーズ出発スナップ

f0213825_15350847.jpg

                           2016/11/20 09:36

坂本屋をスタート直後、天気がよければ松山城が見えます、乞うご期待!
f0213825_11373196.jpg
                     2015/10/03/10/43 COOPIX P100 ×26


 坂本屋から約3キロ
◇番外霊場 網掛け大師堂
 弘法大師が道路に転がった大岩を網を掛けて片付けたと云う伝説の番外霊場。
f0213825_16124146.jpg

  番外霊場あみかけ大師堂
f0213825_16132691.jpg

  弘法大師伝説所縁の「あみかけ石」(別名/クジラ石)
  
f0213825_16143939.jpg



 網掛け大師から約4キロ
◇第46番浄瑠璃寺


   この霊場には山門がありません。
f0213825_16013575.jpg

         ※11/17の10㌔・35㌔コースは、ここ浄瑠璃寺がゴール地となっております。



   11/18 (日)松山六ヶ寺をめぐる遍路道20㌔コースについては下記をご参照下さい。
f0213825_09203168.jpg
 
 クリック↓
 第46番浄瑠璃寺~第47番八坂寺~第48・49・50・第51番石手寺
  (少し古い巡拝記録ですが、ご参考になれば幸いです)
  
  
      大会参加者皆さま、
 道中くれぐれも お道よろしゅう~

     旧遍路宿・坂本屋丁稚 -門前の小僧ー   



この記事は前年の大会案内記事のコース案内を本年度コースに差し替えて再編集したものです。


by jh5swz | 2018-09-06 07:48 | 坂本屋日記2018 | Comments(2)

ある夏の日の坂本屋

2018年8月18日(土)の日記。

いろいろ考え悩みましたが・・・ 
f0213825_13114651.jpg
 子供達、兄弟、親族の納得と菩提寺の快諾を得て、業者さんと「改葬」契約。
 村の墓所で閉眼供養を済ませた先祖代々の墓石を解体、整地、搬送、洗浄、保管。
 歴代の仏さんを近隣の霊園へ迎えて再築改葬、開眼供養を済ませた多忙なこの夏。
 お盆は霊園の新居から道に迷わぬよう迎え火焚いて精霊棚へ仏さんご一同勢揃い、
 村から臨済宗禅興寺の住職さんに来て貰って棚経のあと三兄弟家族揃って会食す。
       送り火の傍ら静かに茄子の牛 門前


一年がかりの大仕事を終えた盆明けの土曜日、久しぶりの坂本屋当番日記。
07:50 カンカンに冷やした麦茶と貰い物のみかんゼリーと弁当積み込んで自宅発。
08:12 番外霊場:網掛け大師堂お参り 
     炎天下、四国を歩かれるお遍路さんをお守り願います。
f0213825_08275549.jpg

  お大師さんも夏バテされませんように・・・合掌 
f0213825_08280413.jpg

  
 08:22 坂本屋現着。
     標高420m、窪野町桜の里山ひんやり
f0213825_08353319.jpg

ひんやりのハズです21℃”!  
f0213825_08401972.jpg
     明らかに自宅とは体感温度が五度は低くて気持ちのいい朝のひとときでした。


 08:43 冷たい麦茶は用意して来たが、一応お湯を沸かしながら
     「お接待中」目印の幟旗立てて、駐車場の花壇に水遣って準備完了。
 
f0213825_08533313.jpg
             盆明けの土曜日、当番お三方それぞれに所用あり、本日一人留守番気配濃厚・・・

 08:50 松山から若いサイクリストさんが登って来られて、ひと休み。
     「麦茶冷えてますが、かえって汗の元ですかね~?」
     「はい、お茶よりも坂本屋まで来た証拠の写真を一枚撮らせて下さい」。
     来月の石鎚スカイライン往復レース?の練習中だそうです。
  
 09:05 ずいぶん久しぶりに農家さんの真っ赤なキャデラックが疾走! 
     「ご苦労様です」と声をかけたら「あんたもご苦労じゃなあ~」。
f0213825_10060127.jpg

     例年いくら暑くても、久万高原町早立のお遍路さんが下って来られる時間帯なのだが、
    どなた様もお見えにならず・・・ お茶を引いたかな?・・・
    
     昼前、一仕事終えられたキャデラックの農家さんが下山、
     「だれぞ来たかな?」
     「いいえ」
     「暑いけんなあ~~~、お頑張りよ」
     「ありがとうございます」。

  
 12:10 5月5日に松山市内から三坂峠を越えて久万高原町まで駆け足トレーニング中、
     坂本屋でほんの少しひと休みした済美高校VS報徳学園戦の
     甲子園中継をトランジスターラジオで聞きながら少し涼しい炉端で一人昼飯、
     こう云う日に限ってお遍路さんと一緒にと、握り飯が数人分入れてある・・・ 

     昼飯のあとも、人影なし・・・
 13:15 逆転の報徳学園さんに最後まで苦しめられたが、
     済美高校が3-2で勝った、いい試合だった! 

 13:30 愛原会長が「持ってお帰り」と、たくさんの野菜を持って来てもらった、
     猛暑で野菜高いらしいので、女房喜びます、謝謝! 

     その後、引続き人影なし・・・
f0213825_10553833.jpg

  暑くなってきたので、
  8/5の当番日に近所の小物屋で買ってきた風鈴を
  風通しのいい木戸口の梁に付け替えました、
  お遍路さんに ”涼風献呈” モードUPの坂本屋です。

  自主・無償・奉仕で通い始めた坂本屋なので、
  私は千客万来を期待しているわけではありませんが
  大勢のご来客より、一人も無い方が疲れます(笑)。

  そして、
  おせっかい と おせったい は紙一重だと信ずる私、
  「先をお急ぎでなければ、どうぞひと休み下さい」と
  自然体で待つことこそ素朴な坂本屋の真骨頂なのでは?
  などと一人で風鈴の音色を聞いたことです、チリリン♪

   

  14:55 結局お茶を引いた門前の小僧、
      幟旗を仕舞って、はだか電球と湯沸しの電源切って、戸締り施錠して下山。
      こんな日もある坂本屋の一日でした。

   編集中


by jh5swz | 2018-08-20 12:15 | 坂本屋日記2018 | Comments(2)

2018年7月28日(土)の坂本屋当番日記続編

 07:30 早朝5時からの「カブト虫採り隊」の子供達が
f0213825_15333523.jpg
   坂本屋へ笑顔いっぱい残して下山。
         (ご父兄の撮影・掲載承諾済み) 
f0213825_15334948.jpg
 
 07:45 炉端厨房と座敷食堂、駐車場に設営した青空レストラン?を片付けて、皆さま下山。
 
  今日もむし暑くなりそうなので、
f0213825_09062694.jpg

 表の地図掲示板の軒へ
 近所の小物屋で買って来た風鈴を吊ってみました。
 ここを通過のお遍路さんへ坂本屋から”涼風謹呈”の音色だけでも伝われば幸いです、
 短冊には「道中ご安全に」と、こころを込めて書きました。
 
 さて今日は、
 地元TV局の収録取材があるのですが、(都合で)本日の当番が二人だけなので・・・
 数人の運営委員さんが、「もうしばらく当番を手伝ってやろう」と、
 居残って貰って「お接待所」オープン、応援ありがたい、感謝合掌。 




  余程のことが無い限りこの時間帯のお遍路さんは無かろう?と、
  朝の三坂の山々が見たくて、ちょっと山歩き。
  かって松山のお殿様への献上米の歴史をもつ窪野米は今年も豊作のようです。
f0213825_18220757.jpg

田の草取って、畦草刈って・・・私、農家のご苦労がよく判ります、百姓の子ですから。

  
  春先の早苗の季節から、この田んぼを観てきた門前の小僧、
f0213825_16094377.jpg
   朝露がキラキラ光る稲田を見つめながら
   歩き遍路道中、お先達に教えられた
   食前作法のコトバを思わず呟いたことです。

   「一粒の米にも 万人の労苦を思い   
      一滴の水にも 天地の恩徳を感謝し
            ありがたくいただきます」。
f0213825_16095877.jpg
                                      


 田んぼと云えば、
 窪野の棚田で一番応援したくなるこの「箕笠隠れ田」の稲も   
f0213825_17034193.jpg
      見事な田んぼの宝に育っています。  
f0213825_17035693.jpg

   
害獣からコメを守るために人までが危険なメに会いながら・・・
お代官さま~ニッポンのコメ守って下さ~い。

f0213825_18283546.jpg

10:00 会長から連絡があったとおり、
    お昼過ぎまでの予定で地元TV局番組「もぎたてテレビ」の取材が入りました。
    番組のサブタイトル「久谷散策」の一場面としての坂本屋収録とのことでした。
    以下の収録中の写真撮影とブログ掲載については局側の承諾を得て掲載するものです。
     f0213825_18584371.jpg
 坂本屋修築工事の経過など取材対応は
 工事中、ず~っと現場管理監督?を
 務めてもらった運営委員 野上さんが
 いろいろ説明案内をしていました。
  
 せっかくの坂本屋取材なので、
 お遍路さんのお立ち寄り休憩があって、
 この方たちが仕事になればといいなあ・・・と。       


11:45 昼食。
f0213825_19215185.jpg

 居残ってもらった野平さんのはからいで
 坂本屋賄いができて、
 TV局スタッフを交えてみんなで昼飯。
 
 どうやら「カブト虫採り隊」の朝食支度中から
 当番の昼ご飯も織り込み済みだったようで
 握り飯、味噌汁に冷やしそうめんまで!
 マドンナ野平さんありがとうございました!

 
 その昼食中、
f0213825_08025686.jpg
 峠から下って来られた
 ドイツからのお遍路さんがひと休みされました。  
 外国語に堪能な野上さんが、
 囲炉裏部屋へ誘って昼食のお接待。
 
 炉端がちょっと手狭になったので、
 対応は取材ディレクターさんと野上さんに任せて
 私はカメラマン氏の次のシーン撮影準備に興味津々。


 
  待つこと10分、出立を前に、
  お杖スタンドの傍のザックの向こうで、寄書きノートにサインを残されるお遍路さん、
  なるほどいい画面になりそうですね。
f0213825_15541742.jpg
朱色の暖簾はトイレ増設工事施工の(株)日積工業 様からの寄贈品です。
 
12:40 ご出立。
    門前の小僧が6年前からこのシーンを撮り続けて575人目のお遍路さんは、
    はるばるドイツからの好青年でした、Have a nice HENRO-88-trip !!
f0213825_09294341.jpg
                                       575                                  

12:48 収録を終えた(つもりで)収録クルーお二人が帰り仕度を始めた途端、
        今度はニューヨークからの女性お遍路さんがお立ち寄りで、今一度収録再開。
 f0213825_09420174.jpg

 急遽、野平さんが用意した昼食のお接待。
 野上さんが「これソウメンです」とメニュー通訳中。
 
 通訳氏の話しによると
 彼女はスペイン巡礼をあと、
 四国霊場巡拝に関心を持って来日されたようでした。 
 

  
13:19 miss USAさん ご出立。
     私に戴いた納め札には 手書きでarigato gojaimasu♡♡♡と書いてありました。
     どうぞ88番結願寺まで道中ご安全に!
f0213825_10070389.jpg
                                       576

  USAさんを見送り届けて、
  取材クルーとお接待をサポートしてもらったスタッフ有志は下山、
  お手伝いありがとうございました。 


 13:51 その後、ひと休みされた高知さんご出立。
     今回はR33久万高原町の道の駅へ車を置いて、三坂へんろ道を下って一泊、
     明日、松山市内6ヶ寺参拝してバスでクルマを取りに行って帰宅予定とか、敬服!
     この猛暑の中、水分補給怠り無く熱中症にご用心下さい。 
f0213825_10273264.jpg
                                       577
                                          
f0213825_20002991.jpg
 高知さんを見送って、
 当番の丸石さんと二人で坂本屋の留守番ing
 せっかく子供さん達と一緒に飾りつけたジャンボ七夕飾りですが、
 松山市消防局からの迷走台風の警報メールが頻繁に着信するので
 二人で相談して駐車場南側へ倒しておきました。
   (8/1 早朝、倒した竹の笹を切って、短冊外して片付けて帰りました)


 14:20 坂本屋見学者あり、
     「おっ ワシ あんた知っとるぜ!」。
     「私も見覚えがあります・・・」
     なんと2年前の夏、第48番西林寺での黒田月水さんとの出会いの目撃者でした。

 15:00 丸石さんと二人で幟旗仕舞い、戸締り、火の用心を確認して、
     早朝からの長い坂本屋出仕を無事終えて下山。
     帰宅途中、西林寺手前の県道を歩くドイツさんに追いつき軽いクラクションでご挨拶。

     帰宅後、「沸かしてあるよ」と女房殿のひと言に喜んで早風呂、角ハイで水分補給。


<当番からお知らせ>
7/29 の「もぎたてテレビ」の本番ラストで
  次週8/5の放送は「久谷散策です」とアナウンスがありましたので
  ” 遍路の里” とも呼ばれる浄瑠璃・久谷・奥久谷・窪野の町や里山の紹介がある様子、
  むし暑い中、カメラマン氏が苦心の坂本屋シーンも(おそらく数十秒?は)放映されるハズです。
  8/5 (日)11:45からの南海放送「もぎたてテレビ」、お時間がありましたらご覧下さい。
   
  

by jh5swz | 2018-07-30 15:04 | 坂本屋日記2018 | Comments(4)

 
前回当番日(7/7)は、どしゃ降りの中、坂本屋向け走行
              途中、御坂川は今までに見たことのない濁流で・・・
f0213825_08272309.jpg

f0213825_08274504.jpg

         なんとか坂本屋へ辿り着いたものの、雨足はますます酷くなる一方で、
         ほどなく到着の同じく当番の丸石さんとも相談して
         役員さんに連絡のうえ「本日お接待お休み」を決定したことでした。
         その後、西日本各地では未曾有の豪雨に見舞われ、
         県内でも特に南予方面の被害は甚大なもので言葉を失いました。
         この集中豪雨でお亡くなりになられた方々のご冥福と
         一日も早い被災地の復興を願ってやみません・・・
 

2018年7月28日(土)の日記。(早朝の部)
 3週間ぶりの坂本屋当番。
 今日は、公民館とのコラボレーションで地元の子供達がカブト虫採りにやってきます。
05:15 自宅発、
05:45 坂本屋現着。
    ノウセンカズラが真夏を謳歌していました。   
f0213825_08493099.jpg


    すでに地元スタッフさんが子供達に朝飯の準備中。
f0213825_14370454.jpg

  
 地元女性陣のおかげで窪野米のにぎりめしができた頃、
f0213825_09271946.jpg
     オトコ組の味噌汁も上々の出来栄え  
f0213825_09273351.jpg

 07:00 昨今の自然界は昆虫類も住みにくくなった様子で、久谷の山々でも減少一途・・・
     採れた子供は良しとして、採れなかった子供達にも配慮して
     今年も地元のFさんとお孫さんが前以て捕り集めてもらった
     カブト虫とクワガタを参加した子供達みんなに分けていただきます。
f0213825_09400778.jpg
  
 ご父兄やスタッフも懐かしく覗く 覗く、
f0213825_09481078.jpg

 子供達は
 かっこいいカブト虫やクワガタをもらって喜ぶ! 喜ぶ!    
f0213825_09482733.jpg

  私がガキ大将の頃、
  夏休みになるとバットを持って山に入り、
  めぼしをつけたクヌギの幹を思いっきりゴツンと叩けば
  カブト虫やクワガタがポトポト落ちてきたものでした。



07:15 朝食。
    子供達と父兄、公民館関係者は座敷で、
    早朝から賄い準備の女性陣は囲炉裏端、味噌汁仕度のオトコ組は青空レストランで。
    ちょうど、三坂峠から下って来られたお遍路さんにも窪野米の朝食お接待。
f0213825_10354838.jpg

   
f0213825_10360655.jpg

 
 大雨でお接待中止になった前回7月7日の当番の日に用意していた七夕飾りの短冊、
ちょうどかカブト虫採りに集まる子供達やお遍路さんにも飾り付けに参加して貰っては?と持参、
運営委員会会長に相談したところ「おもしろい 飾ろう!」
 駐車場下の孟宗の若竹を切ってもらって、みんなで作った里山のジャンボ七夕飾り。                  
f0213825_11211292.jpg
自然に生えている孟宗竹に飾り付けたように見えませんか?


 07:45 「カブト虫採り隊員と父兄」、公民館関係の皆さんは三々五々下山、帰宅。
      本日の当番二人と坂本屋スタッフ有志数人は残って当番を手伝ってやる、ってありがたい!
      その当番日記の詳細は第2部でご報告します。 

 

by jh5swz | 2018-07-29 12:17 | 坂本屋日記2018 | Comments(0)

2018年6月16日()の坂本屋日記。
  あしかけ3年に亘る改築事業が終わって、無事お披露目式も済ませた坂本屋の平常当番日。


 f0213825_16522240.jpg
  2016年6月から2017年9月まで数回に亘って坂本屋を来訪、
 「四国遍路とお接待文化」をテーマとする卒業論文の取材に通った京都の女子大生さんが、
  めでたく地元企業へ就職、社会人になった報告とお礼のお接待応援に来てもらった。
  ちょうど当番二人が所用のためお休みだったので、大いに助かったことです。

  「お接待中」目印の幟を立てて、  
  (この春まで)女子大生さん差し入れの麦茶や茶菓子をありがたく使わせてもらって、
   登り下りのお遍路さんを迎える準備が整いました。


  長老・川中さんが孫に話しかけるように、
 「そうかえ、そりゃあイイとこへ入った」と、就職のお祝いから始まった朝のひとときです。
        今日のお接待は彼女に任せよう!
f0213825_10201007.jpg
f0213825_16302353.jpg

 










  ほどなく、
 09:30 先日のNHK-TV「ひめポン 」を視たと仰るご夫妻の
     坂本屋見学とご主人趣味?のビデオ撮影訪問がありました。

 10:00 汗を流しながら峠を下って、ひと休みされた大阪さんに
     彩和さんが持参の冷たい麦茶とお菓子でお接待。
     そりゃあ~ 山賊風情の私がお薦めするよりのど越しの味もよかったはずです。

 10:15 先をお急ぎの大阪さんご出立。
     今日は暑くなりそうです、道中ご安全に巡拝なさいませ。       
f0213825_10445357.jpg
                                        572

     その後、いつもの久万高原町出発のお遍路さんもなく、静かな時間が流れました。
 
 11:50 「昼にするかな」と長老、「待ってました」と門前。
     それぞれ持参の弁当で腹ごしらえ。
     春先まで囲炉裏の火がなくては寒々しかった炉端、
     外の暑さはかなりの体感温度ですが、囲炉裏部屋は古民家ならではの涼しさ。

 12:10 ちょうど昼飯が終わったところで、下って来られた秋田さんがひと休み。
     お接待は彩和さんに任せた。

     私は気になるので秋田県から四国までの交通手段と時間を尋ねてみた、
     秋田から東京までバス、乗り換えたバスで東京から大阪へ、乗り継いで徳島までバス、
     ほとんど ”駅すぱあと” の世界みたいです。
     都合、3日かかって第一番霊山寺から歩き始めて野宿旅30日目と仰る・・・ 
   
    ちょっと考え込んだことです 
    ここまで人を惹きつける弘法大師の四国遍路って一体なんやろう・・・    
     

 12:25 「野宿ですから、行けるところまで歩きます」と、秋田さんご出立。  
f0213825_11134790.jpg
                                        573
            (坂本屋を〆て帰宅途中の3時半ころ48番西林寺界隈を歩いておられました)

 私は、ひと休み中から背中のソーラーパネルに目がクギ付け。
f0213825_11240556.jpg
 
  「スマホや野宿テントの灯り電源ですよ、
  晴れてる日はいいのだが、曇天にはさっぱり役立ちません」と仰る。
  いやあ~お遍路さん、
  役立つ日もあればこその野宿旅ですよ・・・

  そんな苦労も背負って歩かれている秋田さんに
  「結願まで快晴にも恵まれますように」手作り道中安全御守を進呈、
  すぐにくくりつけて頂きました、喜んでもらってよかった。
  


f0213825_14294757.jpg

  当番の折り、
  facebookなどで友達に「坂本屋かわら版」を発信したり、
  タップリ充電を忘れて来て電断寸前になったことのある私は、
  今回の修築工事途中、現場監督さんに
  「お遍路さんのスマホ充電用に電源タップの屋外増設」を
  お願いしてみたところ、ちゃんと設置してもらえました。

 どうぞ、お接待の延長線上にある電源を有益に使って下さい。 
 悪用されると提案者として封鎖を申し出ざるを得ません・・・


 <もう一つ、電源の話し>メキシコを出航して24日目、ヨット「花丸」は、
f0213825_08115936.png
 太平洋上でハリケーンに巻き込まれて数日、
 太陽光を失ったソーラーパネルが機能せず・・・
 ついには船内の冷蔵庫の電源をOFF,
 難儀しながらも 6/17 08:30(現地時間)
 南米エクアドルへ無事入港したとの一報あり。
 陸のお遍路さんも海の花丸も太陽の恵み受けて
 道中安全と洋上ご安航を祈ります。

 
 13:10 しばらくして、暑いさなか下って来られた大阪さんがひと休み。
     駐車場の観光案内板を読んで、「一遍上人さんのことを知りたい」。
     ここは一番、坂本屋運営委員会きっての郷土史家:川中長老の出番です。
     伊予の豪族・河野通広の二男として生まれた一遍上人のよもやま話しが弾んだ様子です。     

 13:37 大阪さんご出立。
     この先、一遍さん所縁の道後の宝厳寺や
     河野一族発祥地・北条辺りで川中さんとの話しを思い出されるに違いない。
     どうぞ引き続いて、いいお遍路旅をお続け下さい。
f0213825_12171723.jpg
                                        574

 13:40 大阪さんが見えなくなって数分、
f0213825_12254968.jpg
 
 松山人にとって懐かしいCMソングにのって、
 移動スーパー「おまかせくん」が登ってきました。

 定かではありませんが、
 ここ桜の集落には17,8軒の家屋がありますが、
 半分以上が無住(空き家)で商店などはありません・・・
 住んでいる方々には貴重な移動スーパーなのです。 


  さてさてその後、
  いつもなら岩屋寺スタートのお遍路さんが下ってこられる時間帯なのだが菅笠が見えず・・・
  ちょいと登って三坂アルプスと「真昼の決闘」、
  暑さに負けてわずかばかりの木陰でポケ~していると、
  人懐っこい農家さんが、
  「坂本屋の当番か、頑張るのォ~、今日は暑いけん遍路も少なかろ」、
  話しはそこで終わらなかった、
  「わしら百姓も難儀なばかりよ、コメ作りも楽じゃないけんのォ~」・・・ 
  いやいや、天下の献上窪野米のために頑張って下さい。とお返し。 
f0213825_12493697.jpg

   引きかえして見る坂本屋も暑そう・・・ 
   御てんとうさん真上じゃけれ・・・日影は軒下と真上の三本の電線の陰だけ。  
f0213825_12585469.jpg
 
 時間持て余し気味の二人を見かねた長老の提案、
f0213825_13162420.jpg
 
 「坂本屋の畑の梅取りに行こうか、
     持って帰って梅干なり梅酒なり作ったらええワイ」。
  即決!、軍手と袋持参で納屋の下の草むら踏み分けて、
  珠数なりの梅の木から取る、捥ぐ、取る捥ぐ。
  15分くらいで、ダンボールいっぱい!
  川中さんが、朝から用意してあったキャベツとキュウリも、
  彩和さんと山分け! ありがとうございました。




 14:55 「そろそろ仕舞うか?」と長老のひと声。
     その気になったとたん一台の車、「ココかえ~? テレビに出た坂本屋は」と二人のご婦人。
     坂本屋見学でございました。
     長老、15:15 頃まで頑張ったが「ボツボツ仕舞おうわい、ココは3時までじゃけん」。
     
     戸締り、ガス、電源カット怠りなく、施錠して本日の坂本屋お終い。
     他所様のお嬢乗せて安全運転で下山したことです。
  
 
   
  【管理人からのinfomation】 
   ・坂本屋見学の方々には撮影・掲載の許可を得ておりませんので、
    個人情報に配慮して来訪事実のみ記事とさせて頂きました、端折ったワケではございません・・・ 
     
 
 

by jh5swz | 2018-06-17 15:58 | 坂本屋日記2018 | Comments(4)

2018年6月8日(金)の坂本屋日記。

f0213825_17110434.jpg


      築後106年、旧・土佐街道、三坂峠の厳しい風雪に耐えながら、
      峠を登り下りの旅人や商人、遍路の宿として盛業だった坂本屋は、
      昭和の初期、国道(旧R33)の整備開通など諸般の事情で廃業、以来無住・・・
      平成15年、地域の文化遺産として松山市の支援を受けてNPO法人が修復し、 
      平成16年から地元有志による坂本屋運営委員会がお遍路接待所として運営再開、
      現在、会員30人が当番制で国内外のお遍路さんとの親睦交流に努めています。

      が、活発な運営とは裏腹に、近年、建物の老朽化が進み・・・
      なんとかしなければ旧遍路宿の維持管理さえ困難になりそうな母屋の雨漏り、
      昨今、増える一方のお遍路さんやイベント時に行列のできるプレハブトイレ、
      昨夏の豪雨で一部が流失、陥没していささか危険になった駐車場の埋め戻しetc
 
      遡れば3年前から、昨秋の着手まで紆余曲折を経て、
      大勢の方々のご支援のお陰さまで、この度全ての工事が完工、
      6/8 旧遍路宿「坂本屋」修復のお披露目と寄付金贈呈式が行われました。

08:00 自宅発、
    私の任務は、お披露目内祝い品の坂本屋草餅と赤熨斗を巻いた赤飯折詰の搬送、
    48番近隣の和菓子屋さんで品を受け取り、坂本屋へ安全運転。
        ーお客様の内祝い記念品とあっては超安全運転ですー
    道中、網掛け大師堂さん朝参り、工事完工を報告、合掌。

08:50 坂本屋現着。
    地元スタッフがテントに紅白の幔幕張ってお披露目の舞台着々と。

  今朝の坂本屋冴えています。
f0213825_10271683.jpg
      ご招待関係者席
f0213825_10273212.jpg
   受付~司会者席
f0213825_10290589.jpg
     ご来賓、坂本屋代表者席 
f0213825_10291840.jpg
            搬送した赤飯と草餅を50セット手提げ袋詰め。

  台所ではマドンナ皆さんが大奮闘中
f0213825_10483414.jpg
 納屋ではシシ鍋が出来上がりつつあり、
  f0213825_10501222.jpg
f0213825_10502818.jpg











 

 ご来賓、報道関係者多数とのことで、混雑の前に新旧トイレを記録しておきます。 

 まずは、感謝を込めて永年勤続賞を贈りたい従来のプレハブトイレ、
 決して今日でお役目が終わるわけではありません、これからも貴殿は必要欠くべからざる存在なのです。 
f0213825_11234091.jpg

f0213825_11241687.jpg
   門前の小僧が置いた砥部焼きの一輪挿しに、
          毎回の当番のときに花を生けてもらったマドンナさんありがとう。
   新設のトイレ2基にも同じ花瓶を寄贈しましたので、野花を生けてやって下さい。
   


  「坂本屋世話人会」皆さまのおかげで新装・増設できました洋式トイレ2基のお披露目です。
    
   〇 中村知事様、野志松山市長様
    「坂本屋世話人会」の立ち上げと顧問就任ありがとうございました。
   〇 世話人会代表、愛媛県観光物産協会会長様お取り纏めありがとうございました。
   〇 世話人会相談役、岩屋寺様・浄瑠璃寺様・八坂寺様ありがとうございました。
   〇 寄付金依頼に応じて戴いた商工関係、個人有志皆さまご寄付ありがとうございました。


 おかげ様で団体お遍路さんや体験ウオーク大会など、一度に大勢の休憩があっても安心できます。
 これで「行列のできるトイレ」問題が解消できることでしょう。 
 新聞記事にもありましたが、これで女性や最近とみに増えた外人遍路さんにも喜んでもらえます。
f0213825_11455607.jpg
f0213825_11490418.jpg


   母屋の屋根の修理と瓦の葺き替えを工事して頂いた久米建設さんから豪華なお花が届きました。
   限られた予算で四苦八苦の坂本屋を忖度して立派に竣工してもらってありがとうございました。
f0213825_12383362.jpg

  ご来賓、招待者、報道陣で窪野町桜の里は、まさに「ふるさとにぎわい創生」です。
f0213825_12510298.jpg

  坂本屋家主と運営委員会会長が、ご来賓皆さまをお迎えして、
f0213825_14062317.jpg
 
 11:00 式典開始。
     始めに司会者から、ご来賓、招待者皆さまへ坂本屋の歴史・沿革のご披露がありました。
f0213825_13112177.jpg

f0213825_13131662.jpg


   報道各社のカメラ放列の中、 
f0213825_13415982.jpg

    原副知事、大町松山市参与はじめご来賓各位より御祝辞をいただきました。
f0213825_14204312.jpg

 祝辞のあと、
 坂本屋世話人会代表(一社)愛媛県観光物産協会会長 佐伯様より
 坂本屋運営委員会会長へトイレ増設資金の寄付金の贈呈があり、
 相原会長が、瓦の葺き替えと駐車場など環境整備にご協力いただいた
 各方面の方々へのお礼の言葉も合わせて謝辞を述べました。
 


          代表者記念写真

f0213825_18593162.jpg
         向って右から伊予銀行常勤相談役 森田浩治様
               松山市参与     大町一郎様
               愛媛県副知事    原 昌史様
               坂本屋運営委員会会長 相原誠則
               坂本屋世話人会会長 佐伯 要様
               坂本屋家主     船田トシ子(代理)        
 

    式典後の「坂本屋公開」、相原会長がお客様皆さまに修築工事全般の経過をご披露致しました。 

f0213825_14324346.jpg

   こんなことなら、会長にこっそりと数ヶ所のBefor After写真を渡しておけばよかったかなぁ~

2017年4月15日 着工計画中・・・
f0213825_16052494.jpg
     2017年11月29日 着工!
f0213825_09521056.jpg


         2018年3月3日、母屋の屋根の葺き替えと漆喰の外壁もきれいになりました。
f0213825_16240933.jpg

         2018年5月5日、囲炉裏部屋の排煙・換気のための粋な腰屋根も出来ました。
f0213825_16095017.jpg

  西側大屋根のBefor               
      After  f0213825_14475640.jpg
f0213825_14502432.jpg

  東側大屋根のBefor
      Afterf0213825_15000697.jpg
f0213825_15003168.jpg
  
         寄贈頂いた古民家瓦2000枚は、1枚づつきれいに洗ったうえ、
        会員の寄付金募集に応じて下さった方々お一人お一人のお名前を
        感謝の気持ちを込めて代筆して葺き上げました。

 11:40 「坂本屋の公開」が始まったら、打ち合わせどおりシシ鍋と献上・窪米の握り飯の配膳 です。
f0213825_15145814.jpg
f0213825_15152076.jpg

 ご来賓皆さまは一階で
f0213825_15233509.jpg

 役職上、ご会食の機会が多いご来賓皆さまには
  (失礼かと存じましたが・・・)
 板の間のせんべい座蒲団で
 献上・窪野米のにぎりめしとシシ鍋の味は
 如何でございましたでしょうか?

 スタッフ一同考えに考えた「普段通りの坂本屋」の
 賄い昼食メニューでございますればご容赦のほど。

 
  お客さまと報道関係のはテントハウスで
f0213825_15302996.jpg
 天気さえよければ
 「青空食堂」で食べる握り飯と
 坂本屋界隈で暴れまっていた猪の
 お命頂戴してのシシ鍋も
 捨てがたいグルメ世界でございまして・・・

 つかの間ではございましょうが、
 「取材」とか「出張」をお忘れになって
 三坂峠ふもとの初夏をお楽しみ願えれば幸いです。

 
 賄い昼食後、ご来賓とお客さまは三々五々お帰りになりました。
 公務ご多忙中のご参列と各社多数の取材ありがとうございました。
 内祝い代わりのおみやげは坂本屋草餅とお赤飯パック、
 「勤務先でなくてご家庭用ですよ~」なんて
 誰も言いませんけど、私、ノドの奥で呟いたことです。


 11:50 下ってこられたお遍路さんに
f0213825_15450861.jpg
 ちょうどシシ鍋と握り飯の賄いができたところなので、
 「お急ぎでなければ食べて行きませんか」と誘った私、
 その私、直後のカメラの放列に恐縮してしまいました・・・

 せめて食事が終わるまでお待ち願えませんか?
 奥さまは席を外されました・・・
 旦那さまが懸命にインタビュー対応、
 ご協力ありがとうございました。



 その後、若い?お坊様と駆け連れガイジンお遍路さんが
f0213825_16100631.jpg
 
 英語に堪能な某局カメラマン氏の独壇場!
 坂本屋の通訳、UENOさんとYUIさんが控えて万全。
 ドイツ・フランス・豪州の三人と
 愛知県の某寺のお坊様ご一行でした。
 
 にぎりめしとシシ鍋を
 「アリガト オイシイヨ!」。
 異国のお接待を味わってもらったご様子、なにより。

 収録のラストは坂本屋スタッフも共演?で、
 夕方の某局さんの某番組トップシーン用にリハーサル3回後、収録完了めでたし!
f0213825_16175472.jpg


 12:44 ここで、お坊様と別れて、
     明るい独・仏・豪のお遍路さんはひと足お先にご出立。
f0213825_16240544.jpg
                                       570


 13:00 一足おくれて、お坊さんご出立。
f0213825_16415043.jpg

 目元の涼しい朗らかなお坊さんでした、
 お住い?は尾張三河方面の某寺だそうです。
 
 会場を片付けたあと、
 ご案内してあったのですが、急な寺務でご欠席された
 浄瑠璃さんと八坂寺さんへお披露目の御土産を届けに行く途中、
 お坊さんに追いついて、手作り「道中安全守り」を差し上げました。

 お坊さんが、
 「お接待お礼印しの納め札を忘れました、預かってくれませんか?」
 お安い御用です!

 571


  前後しますが、机、イスを片付けて、テントは「明日乾かす」とのことで足だけたたんで据置き。
  スタッフみんなで残り物のシシ鍋にそうめんを流し込んで昼食、美味かった!
  出仕した自分達にまで赤飯と草餅の御土産が用意してありました。  
f0213825_17035640.jpg
  赤飯ですか~? 夕べ、女房殿と美味しくいただきまして胃袋の中でございますのよ、あしからず。

  <付録>
   もう放送は終わりましたが、
   NHK-TV「ひめぽん」のスタートを飾った画面です、
   お坊さまと独仏豪のお遍路さん、坂本屋スタッフ、皆さんいい笑顔でした。         
f0213825_17214948.jpg
               (画像は6/8 18:10 自宅テレビ画面を撮影したものです)

   <追伸>
    今回の日記はよんどころのない事情で欠席された家主・船田トシ子さんへの報告書のつもりで
    ことさら詳細に書きましたので、長い備忘録になりましたことご了承願います。 
                                      ー門前の小僧ー




by jh5swz | 2018-06-09 19:43 | 坂本屋日記2018 | Comments(4)

2018年5月26日()の日記。
 5月2度目の当番シフトによる坂本屋出仕。
 いつものことながら出仕の朝、今日はどんな出会いがあるのかな?
 と、ちょっとワクワクするのは、まぎれもなく「坂本屋病」にあらむ。

f0213825_12270577.jpg
 榎の網掛け大師堂をお参りして
 坂本屋への登り坂をアクセル踏みます、
 三人の歩きお遍路さんとすれ違いました。 

 08:20 窪野町桜、現着。
     萌える新緑に真新しい和瓦と白い漆喰壁が冴えます。                         
f0213825_11053869.jpg

f0213825_11055918.jpg

    車が無くて広々した駐車場が見たくて、下のわき道へクルマを停めて歩きました、
    昨年夏、大雨で溢れた山水に懲りて、メンバー皆さんが作った排水溝も完璧です!
f0213825_10592771.jpg
    
    増設した洋式トイレを覗いてみましたが、本日は まだ Do not use !
   現場監督さんに問い合わせたところ、トイレ増設に格別のご尽力を頂いた
  「坂本屋世話人」の皆様をお迎えして行う6月8日のお披露目会の日から使用
   とのことでした、ごもっともです!   
f0213825_13041771.jpg
f0213825_13060100.jpg
   これで団体お遍路さんや遍路体験クリーンウオークなどで一度に大勢の皆さんがお越しになっても
   「行列のできるトイレ」は解消できることでしょう! 世話人会皆さまありがとうございました。

   
 09:15 いつものようにお湯を沸かしながら、「お接待中」目印の幟旗を立てて、 
     ちょうど囲炉裏火ができたところで、Mrデンマークと大阪さんが前後してお立ち寄り・ひと休み、     
f0213825_11241825.jpg

 大阪さんは
 かなりの回数巡拝されているようで、
 今日の当番さんと話しが弾みます。
 
 日本語 can not のデンマークさんとは
 カタカナ英語と身振り手振り、
 加えてアプリ VoiceTre を駆使して?
 国際親善???に汗だく・・・

 デンマークって漢字で書くと「丁抹」だって!
 
    


 09:52 Mr デンマークさん、差し上げた道中安全御守をザックにくくりつけてご出立、
     見えなくなる寸前、 See you again! と声をかけたら背中とお杖で返事がありました。
f0213825_13332034.jpg
                                       560

 09:58 「ど~れ、行けるとこまで歩こうか」と大阪さんご出立。
f0213825_13333739.jpg
                                       561

 10:00 前以て連絡のあったとおり、
     松山市のシティプロモーション推進課の方、お二人が取材に来られました。
     坂本屋のPR記事を編集して下さるそうなんです、
     どうぞ、見たまま有りのままの坂本屋のご紹介をよろしくお願いしますね。

 10:45  ガイジンお遍路さんがお立ち寄り、
     「日本語話せますか?」と話しかけたらキョトン!! 
     このときキョトン!は can not japanese なのだ、困ったぞ~・・・
     私作のカンペを出して読みました(しゃべったのではありません)、
     How you like to rest? here is 88HENRO free rest-house ニッコリ笑ってアリガト~
     Do you com from? ”イスラエル” と仰る。因みに漢字で書くと「以色列
                    
f0213825_13540373.jpg
     ヘブライ語やアラビア語は絶対ムリ・・・ 
     会話が弾むワケにはいかなかったが・・・
     Hand mede Lucky charm OMAMORIを喜んでもらった。
f0213825_13564950.jpg
        歩き慣れたザックの荷物作りですが、半ズボンでサンダルは大丈夫ですか~?
                と、ちょっと気になったのですが、
        ご心配なく、よく見ればザックにしっかりしたシューズがくくってありました。

 11:00 イスラエルさんご出発、なんともチャ~ミングなサヨナラポーズでした。     
f0213825_14213932.jpg
                                        562
           15:30 彼女には坂本屋からの帰り道、西林寺界隈で再会、
           停めたクルマの窓から「イイ旅 続けて下さい」と、ワタシ日本語! 
           彼女がクルマの窓から手を差し入れてしっかり握手、こころ通じた!


 11:23 近くにお住いの田船さんこころ尽くしの賄い昼飯。    
f0213825_14352949.jpg
       私、いつものように女房の山賊むすびを用意していたので余り気味・・・
       が、余り気味でよかったのです!
 11:50 峠から下って来られたカップルお遍路さんが日本語OKだったので炉端へ誘って
f0213825_14412926.jpg
 「一緒にお昼ご飯いかが?」 
 「やった~! いいのですか~ いただきます!」

 彼氏は宮崎県生まれ、阿蘭陀在住、
 彼女は祖父母様が日本人で豪州在住、
  
 たくさんお話しが弾みましたが、
 ここでは編集をご遠慮させていただきます。

 手作り御守に書いた
 「四国八十八ヶ所 道中安全」の意味を
 彼女に伝えるのに少し苦労しました。



 12:28 折からひと休みされた山口さんを交えて日蘭豪親善記念写真です。
     彼氏のアゴひげは一番霊山寺をスタートして以来32日目の勲章らしい?
f0213825_15021381.jpg
 12:32 ご出立です、
     懸命に説明したら喜んで付けてもらった私の御守が赤いザックの左肩でユラユラ。
f0213825_15124967.jpg

      いよいよ見えなくなる坂道で「結願までお気をつけて~」と声をかけたら、
      絶妙のタイミングで振り返って、見事に決まった息もピッタリのサヨナラポーズ!
                 お幸せに~
f0213825_15155372.jpg
                                      564
                           これほど息もピッタリのカップルも珍しい

 12:41 山口さんご出立。
     お住いが周防大島だそうで、四国遍路280回の中務茂兵衛さんのことをお話したら
     「そうなんですよ、ゆかりの家が近くにあります」、鉄人の生まれ変わりですか?
f0213825_15394737.jpg
                                       565
             5/27 朝、パソコン塾へ行く前に近くの第49番浄土寺へ朝参り。
             なんと、境内で山口さんと再会、必然のご縁だったのかも知れません。

 13:25 江戸さんがひと休み。
     松山の大学を卒業された江戸さんは、今日はゆっくり歩いて、
     「明日、第51番石手寺で二度目の結願です」と、達成感?を静かにかみしめてニッコリ。
f0213825_15510026.jpg

  13:45 結願寺へのご出発を当番全員で盛大な拍手でお見送り。
     「百里の道も九十九里を以て道半ば」とか、お詳しいハズの松山市内ですが道中ご安全に。          
f0213825_15511183.jpg
                                        567
           松山市内の札所で結願されるお遍路さんにお会いしたのは彼方で三人目です。


  管理人information
    記事中のお遍路皆さまには、
    撮影の承諾、当ブログへの掲載のご了承を頂いて編集しております。
    ブログ編集へのご協力ありがとうございました。
f0213825_10223194.jpg


by jh5swz | 2018-05-27 19:14 | 坂本屋日記2018 | Comments(2)

2018年5月20日()の日記。
     5月26日()新設トイレ(写真のみ)デビュー記事追記。

 旧土佐街道・三坂峠を登り下りのお遍路さんとの交流とお接待の場として
 運営委員会々員(現在)30人が2004年から頑張っている坂本屋の近況報告です。
 
 その1)母屋の屋根葺き替えと外壁修復。
  屋根の葺き替えは「松山市美しい街並みと賑わい創出事業」の補助金を源資に
 メンバー30人の募金活動に呼応戴いた大勢の知人友人親戚兄弟の浄財を加えて、
 二軒の古民家から寄贈を受けた和瓦を支援者の皆様に一枚ずつ洗っていただき、
 ウラ面にお世話になったすべての皆様のお名前を感謝を込めて代筆した和瓦は、
 職人さんの丁寧な仕事によって葺き替えられて無事完工しました。
  おかげさまで傷みの酷かった外壁も漆喰壁に復元なって生まれ変わりました。
f0213825_11261088.jpg









                  囲炉裏部屋の通気・排煙のための腰屋根も出来ました。
f0213825_11361727.jpg
                Befor Afterは坂本屋日記をご覧願えれば嬉しいです

 その2)トイレ増設工事。
  団体お遍路さんや色々なイベントの折り、混雑するトイレの増設資金捻出に
 悩んでいたところ、県観光物産協会内に事務局を置く「坂本屋世話人会」が発足し、
 中村時広知事と野志克仁市長が顧問に就任いただき、(昨年6/14、愛媛新聞既報のとおり)
 「旅するお遍路さんをお接待する四国の文化を次世代に継承するためお力添えを」と
 幅広い募金を呼びかけて頂き、目標額に達した現在、二基増設竣工寸前の状況です。

 (工事現場経過)
 2018年4/23  10人用便槽埋設中の現場
       
休憩所スペースへ大きな穴を掘って、10人用便槽を埋め込み中です。   

 f0213825_13192106.jpg
f0213825_13193319.jpg
                上の二枚は坂本屋メンバー・上野さん提供の貴重な記録ショットです。
    上野さんには屋根葺き替え工事の設計段階からの現場責任者としてご苦労をかけています、
                     ありがとうございます。

    便槽を埋めて、元に戻した休憩所縁台前とトイレ進入路
      (お遍路さんのスマホなどの充電用?電源タップも設置してもらいました)
f0213825_11335742.jpg
                                  5/20撮影
  
5/5当番日、現場に掲示してあった設計図(一部分)
f0213825_13333323.jpg


  
  坂本屋サイドの現場監督・上野さんの話しをまとめると
  
  従来のプレハブトイレはそのまま残して利用します。
  既存の物置スペースを改造して使い勝手をよくします。

  遍路宿時代の名残りの
  五右衛門風呂を撤去したスペースへ
  洋式トイレを二基増設し
  従来のものと合わせて三基とします。
  とのこと、サイコー!

  あとは、くみ取り衛生費の右肩上がりが心配・・・だなあ~




2018年5月20日、非常勤当番の日
一部養生中 + 部品調整中のため使用禁止ではあったがほぼ完成のトイレ周りの現状。

通路奥は従来のプレハブトイレに通じます。
 f0213825_14164271.jpg
   通路中ほどの左側に新設トイレ。
   「工事中につき使用禁止」でしたので
   職人さんや現場監督に敬意を表して
   ピカピカの便器の掲載は遠慮しときます。   
f0213825_14165956.jpg
   混雑時、元の通路へ戻らなくても
   外へ出れるように親切なドアーが新設してありました。

   次の当番日、5/26(土)には「どうぞご使用下さい」になっていることでしょう!
   と、予告記事を書きましたが、本日5/26当番で出仕したところ、引続きDo not use !!
   現場監督さんに、当番として連絡をとってみたところ「使用は6月8日から」とのこと。
   「坂本屋世話人会」皆様の募金で出来たトイレですが、本日は写真のみでデビューします。
 f0213825_19164972.jpg
f0213825_19165850.jpg
  これで6月8日からは、従来のプレハブトイレと合わせて三基になり、
  一度に大勢の団体お遍路さんやウオーキング大会参加者の皆さまがお越しになっても
  「行列のできるトイレ」問題は解消でしょう!
  「坂本屋世話人会」の皆さま、お力添え本当にありがとうございました、感謝合掌・・・



 その3)駐車場の補修工事。
   昨年夏の豪雨で山から流れ出た大水が側溝を溢れ、舗装道路を流れて
  坂本屋駐車場の一部が流失、陥没しました。
   その後、大雨が降る度に流失が続き、少々危険な状態になりましたが、
  修復資金がなくてどうにもなりません・・・
   ところが ところが、
   神さまと仏さまが「なんとかしてやろう~!」と思われたのでしょうか
  伊予銀行さんの「地域文化活動活動助成制度」の対象18団体の公表があり、
  坂本屋もその一団体に選ばれ活動助成金が授与されました。
f0213825_11192525.jpg
           坂本屋運営委員会では、この伊予銀行の助成金を形に残る有効活用のため、
          駐車場の修復工事の源資としてありがたく使わせて頂くことになりました。

  5月19日、駐車場修復工事現場から
    2tトラックで6往復、真砂土を搬送の原篠さんご苦労様でした、
    重機の運転、沢山の土嚢作りetc メンバー皆さんお疲れ様でした。  
f0213825_15535907.jpg
                        私は所用のため欠席・・・
                           写真は、メンバーkimiko-kemeさん提供

  5月20日、駐車場修復工事現場
     あたま数にしかならないが、ヤセ馬馳せ参じました。

08:44 朝の坂本屋。
    深呼吸したらつま先から頭のてっぺんまでシャキッとしました。       
f0213825_16011028.jpg

09:01 三坂峠から下って来られた団体お遍路さんも「今日はなにごと!」
f0213825_17110700.jpg
                私の歩き遍路のとき、お世話になったお先達さんだったので
                掲載ご承諾メールを入れたのだが、連絡が取れないので、失礼ながら皆さんの顔をマスクしております・・・
                N先達さん「愛媛4期の門前の小僧」に免じてお許し願いたい。
        
      ひと休みをご案内しましたが、工事現場を見てご遠慮されたご様子・・・
               皆さま 道中ご安全に!
f0213825_17231562.jpg

   見送ったあとの工事現場、 
   昨日もかなりの真砂土が埋め込まれたようですが、本日分が山積されています。
f0213825_16051691.jpg

 f0213825_16093180.jpg


 永年の使用と大雨による流失により
 軟弱になった元の路肩から
 50㌢ほど引き下がって
 強度確保のため大量の土嚢が
 高さ約30㌢・150個ほど積まれ、
 全体を埋め戻すための真砂土は約10立米と聞きました。

 昨日から、
 人材豊富な坂本屋メンバー面々が大活躍!
 
 このような現場を手伝った経験のない私は
 ただただ傍観するだけでありました。





 メンバーには重機をオペレートできる会員が数人居るようですが、
 地元の本職さんがボランティア操作に駆けつけていただきました、感謝!
f0213825_16443501.jpg

 真砂土にセメントを混ぜ込んで埋め込むと土の水分で固まるのだそうです。
f0213825_16392912.jpg

09:20 母屋二階から見ると、
     真砂土は足りるのだろうか?と思うほどまだ土嚢が丸見え・・・
f0213825_16562352.jpg

f0213825_16482366.jpg


 12:10 炉端で昼ご飯、
f0213825_17331706.jpg

 マドンナ皆さんこころ尽くしの
 美味しいそうめんやサラダもあって
 現場で何も仕事していない私、
 まったく遠慮することもなく完食!

 普段なかなか会えない
 「班」違いの方々と話しが弾んで
 楽しい賄い飯どきでした^0^



 <午後の部、作業開始>
 埋め戻したからと云っても、これから大雨の降らない保証はまったくないので
 立花さんが達が、山水が駐車場をスルーして谷へ流れ出る排水溝作りを始めました。
 
 駐車場の端に溝を掘って     
f0213825_19244247.jpg
 3個のU字溝の勾配を取りながら
f0213825_19245692.jpg
  両外側へガレキを詰め込んで
f0213825_19263191.jpg







 さらにセメントで固めて
f0213825_19264294.jpg
  排水口をしっかり作って
f0213825_19265870.jpg
  周囲へ真砂土を入れます 
f0213825_19270882.jpg




 

 
なんと坂本屋スタッフの人材豊富なこと! 
  
全体が見渡したくて、もう一度母屋の二階から眺めてみました、どうやら土嚢も埋没した。
f0213825_20242438.jpg
  
 座敷から外を振り返れば、懐かしや・・・
 坂本屋でロケされたNHK-TV「歩く 歩く 歩く」劇中で
         いしだ あゆみ女将が竹林を眺めながら三味線を弾いたあの窓際の風情ではないか!
f0213825_20294533.jpg
              2011年秋、ドラマ収録後もらった番宣チラシより
f0213825_13585482.png
  
 仕上げに入った工事現場では、
f0213825_20512715.jpg

 
  立花さんが、
  近所の人に貰ったという沢山の花で、
  センスのいい坂本屋のマドンナ皆さんが
  駐車場の隅っこへ花壇を作りました。

  ひと休みのお遍路さんにとって
  結構な疲労回復剤になることマチガイナイ! 


f0213825_20574395.jpg
  
  ポットの花を少し分けてもらって
  孟宗竹を利用した駐車場の
  車止めの立杭の穴に置いてみた・・・
 「安全運転願います」
  おまわりさんの注意よりよく効きそうです。
   
  だが、
  やっぱり土に根を張って咲きたいやろうなぁ
  26日の当番のとき土に戻してやろう! 


   安全確保のため竹やぶ側から少し引き下がったので面積は狭くなったハズ?なのですが、
  流失・陥没して使えなかった部分が復活したので逆に広くなったような気がします。
    これで坂本屋を見学に来られる一般の方々の車や最近多くなった報道取材関係の車両も
  安心して登ってきてもらえそうです、本当によかった!
f0213825_12285892.jpg
             手前、白い部分はここで終点の県道、竹やぶ側の茶色部分が駐車場です
 
 駐車場の工事現場はあともう少しなのですが、3時に来客があるので、早退。
 殆ど現場のお役に立てず、昼ご飯だけは遠慮しないでしっかり食べて・・・
 皆さん、すみませんね。
 f0213825_12322528.jpg
 長い日記になりましたが、
 一連の改修工事の個人的な忘備録として書き綴ってみました。
 何度言っても書いてもこころ尽くせませんが、
 大勢の皆さまの遍路茶屋・坂本屋への応援、
 本当にありがとうございました、感謝合掌。





by jh5swz | 2018-05-23 12:38 | 坂本屋日記2018 | Comments(2)

2018年5月5日(土・こどもの日)の遅ればせの日記。

 坂本屋は連休さなかでもはオープンです。
 連休中だからこそ遠くから休暇を利用したお遍路さんが多い予感がします。

07:45 弁当と久万高原町を早発ちのお遍路さん用のお茶をポットに入れて(もらって)自宅発。
    48番西林寺さんの駐車場はおクルマ遍路さんで満車、朝参り省略。

08:10 かって松山のお殿様のお気に入りで
   「献上米」の歴史がある窪野町辺りは田植えが終わって早苗ちゃんが整列。
f0213825_14144936.jpg

08:15 網掛け大師堂を参拝して、榎橋から坂本屋へ疾走。
f0213825_14221247.jpg


 歩き遍路さんは、
 この橋の坂本屋側約300mから
 山の中の遍路道を歩いて
 網掛け大師堂手前の
 畑の中へ降りて来られるので
 この看板のある榎橋を渡る人は少ない・・・

 
 
08:25 坂本屋現着。
    ちょうどお遍路さんが下って来られて軒下のベンチでひと休み中。
    まだお湯が沸いていないので持参したポットのお茶でくつろいでもらった。
    その間に、当番の川中先輩と田船さんは囲炉裏火の準備。
    小僧、「お接待中」目じるしの幟旗立ててオープン準備完了。
f0213825_14383927.jpg

           まだ肌寒くて囲炉裏火が恋しい坂本屋の朝です。
f0213825_14412132.jpg

 08:35 今日は道後の51番石手寺さんまで予定の長崎さんご出発。
              軒下でしたが熱いお茶を喜んでもらってよかった。
f0213825_14461780.jpg
                                         552
            私の当番で長崎のお遍路さんは初めてかな? 道中ご安全に!

 09:00 徳島さんがひと休み。
f0213825_14524281.jpg

 炉端へご案内したら、
 「こりゃ~いいですな~」と、
 喜んでもらって
 川中さん田船さんと話しが弾む様子、

 お接待を二人に任せて
 私は朝の三坂アルプスを撮りにちょっと離れます。



 
         新緑に萌える三坂の山々は今まさに山笑う       
f0213825_15004119.jpg

    ほどなく、錫杖のお遍路さんが下ってこられました、
   「お急ぎでなかったら、つい下の坂本屋でお茶沸かしております」
   「朝から坂本屋をアテにして降りてきた」。 
         嬉しくなって、
   「ご案内仕ります」、後ろから一枚、無断ですみません。
f0213825_15061007.jpg
                                        

 09:15 錫杖を立てかけて炉端で話しの輪に入られた様子。
f0213825_15115390.jpg
 ちょうど今日から、
 この春の移動で
 ふもとの坂本小学校へ赴任の教頭先生が
 「地元の坂本屋を手伝いたい」と、
 自分達の第1班へ入られた初日。
 
 朝から、続々ひと休みのお遍路さんや
 川中、田船さんを交えたよもやま話しが
 新鮮な休日になればいいのだが・・・ 


 
 09:20 「お茶ご馳走様でした、どれお先に」と徳島さんご出発。
       この先も お道よろしゅう と背中へ合掌。
f0213825_15235517.jpg
                                       553


 09:41 「いや~ 長居をしましたな」、錫杖のお遍路さんご出発。
      (あとで聞いたら大阪さんでした) 道中ご安全に!
f0213825_15292564.jpg
                                       554
      

 09:50 見かけない乗用車が一台坂本屋前で停車。
    「済美高校の者ですが、このあと野球部員50名が5組に分かれて
    グランドから久万高原町の道の駅往復ランニングにやって来ます、
    お騒がわせします」。
    「お茶や水は飲ませてもいいですか?」
    「ほとんどの者が持ってます、
         休みたい子がおりましたら休ませてやって下さい」とのこと。

     ※以下の写真は最終組で部員とランニングしてこられたコーチに
      承諾を得て掲載します、無断転用はお断り致します(管理人)。

 
 ほどなく、マジでランニングして登ってきた!
f0213825_15444770.jpg
     ちょっとだけ休んで駆けて行く学生もいます。 
f0213825_15485607.jpg

          宇和島東高校の監督時代からのポン友だった故・上甲正典氏とは
          お互いに医薬品販売業(当時・薬種商販売業)の資格試験を5回もスベッた仲で
          宇東~済美を通じてグランドを訪問する度にネット裏の監督室へ呼び込まれて・・・
          ヤカンの氷水をガブ飲みしながら、本当は可愛くってしかたのない部員を
          怒鳴りつけ、叱りつけていた彼の背中が思い出されて仕方がなかった。


 生徒さんにお願いしてSAIBIのエンブレムを写させてもらった・・・
  上甲氏の顔が浮ぶ・・・
f0213825_16001122.jpg
   2018も EHIME SUMMER CHAMPIONS たれ!
    CHAMPIONSと複数であることを忘れるな!
f0213825_16003080.jpg


 10:05 神奈川さんと愛知さんが前後して到着、いっぷく。
     写真はモロ顔出しで、お断りもできてないので掲載ご遠慮します・・・

 10:20 愛知さんご出発、ゆっくりお話しできませんでしたが結願まで道中ご安全にお参り下さい。
f0213825_16162064.jpg
                                        555

 10:25 先をお急ぎのようでひと休みはされなかったお遍路さんの背中を追っかけていたら、
     この最後の急坂を駆け上って来た済美の学生さんとスレ違いのショット。
f0213825_16225357.jpg
                                      556
                         お遍路のことなど知らぬのもムリはないか・・・

 私の歩き遍路の記録では、
 一番さんからここまで758㌔を歩かれたお遍路さんもエライが、
 市内中野町の野球部専用グランドから坂本屋まで約11㌔
 坂本屋から久万高原町道の駅まで約10㌔、
 これを往復して42㌔をランニングする高校野球部員諸君もエライ!
f0213825_16430523.jpg
          甲子園まで走り続けて下さい。

 11:15 埼玉さんご出立。
    「民宿・野宿半々だから宿は決めてない、行ける所まで歩いて決めます」。
     ナルホドですが、道中安全とイイ野宿場所が見つかりますように・・・ 
f0213825_16514722.jpg
                                       557


       峠往復のランナーズや
   「一年ぶりのご対面だった」サイクリスト、  f0213825_16560097.jpg
   今日も坂本屋はいろいろな方がお立ち寄りです。 
f0213825_16571520.jpg
 
 12:00 当番のみんなで昼食。
     弁当は持参したが、田船さんに湯がいて貰ったそうめんが美味かった。    

 13:40 済美野球部の先頭組が駆け降りてきた。
     この遍路転がし坂を先頭が登って
     久万高原町でにぎりめし食べて、帰って来るまで約20㌔を3時間50分、エライ!
f0213825_17060921.jpg

        登りのとき同様、ちょっとだけ休みたい顔の学生もいますが、
                      頑張ってそのまま駆け下って行きます。      
f0213825_17121624.jpg
    
 
 その後、アマ・プロ?カメラマン氏ほかいろいろな方のお立ち寄りがあって、 
 14:30 そろそろ仕舞い仕度かと思っていたとき、
     明らかにガイジンさんと判るお遍路さんが二人、
     なんとデンマークからのお遍路さん。
     ちょうど遊びにきていたメンバーの友達が外国語が堪能な方で助かりました。
     
f0213825_19060072.jpg

                          通訳氏と話しは弾むようです、

     私のカタカナ英語よりはるかにスムースはハズだから、
     写真撮影とmy blog 掲載の都合を尋ねてもらったらニッコリOK!
     blogネームを尋ねられたので「門前の小僧」の名刺を渡した、
     当然お願いするときに名乗るべきだったと反省。
     撮影と掲載承諾のお礼の印しに自作の道中安全御守を差し上げたら
f0213825_19521520.jpg
      手書き文字をなぞって
      「なんと書いてあるのだ?」みたいなゼスチャーなので
       Hope to your safety SIKOKU 88 HENRO-trip
       と答えたら喜んでスグにザックに付けてくれた。
     
     <通訳氏も困った話し>
       彼らが「ハガネ ハガネ」と言って侍が人を切るようなゼスチャーをする、
       通訳氏が「日本刀を買い求めたいようです」。
       「日本ではそう簡単に刀は買えない」旨を通訳してもらいましたが疲れました^0^

     野宿遍路さんなので、お手持ちの地図に
     47番八坂寺さんの通夜堂と48番奥之院・仗が淵公園に〇印を付けておきました。
     
 14:53 デンマークお遍路さんご出立。
     頃合いを見計らって「バイバイ~!」と、声をかけたら、人懐っこい笑顔が返ってきました。 
f0213825_07543682.jpg
                                       559        
                             本日のベストショットかな?
       
  その後、山ガールさんの坂本屋見学?が長引いたが・・・
  「3時まで」であることをお断りして仕舞いにかかりました。
 15:20 玄関雨戸閉めて火元確認して施錠。
     榎橋手前でMr デンマークさん二人に追いついて、もう一度「バイバイ~」。

 15:45 西林寺近くのへんろ道で11時過ぎに坂本屋スタートの埼玉さんに追いついて、
     クルマの中から「お気を付けて~」。
     
     今日も愛原さんに旬のタケノコとフキをもらって帰宅。
     煮付けたタケノコの天麩羅大好きな門前の小僧です^0^   
   
    

by jh5swz | 2018-05-07 17:20 | 坂本屋日記2018 | Comments(2)

2018年4月29日(日・昭和の日)の なが~い日記。 
  恒例、第47番霊場八坂寺の柴燈護摩供・火祭り大祭。
  今年は前々よりご住職から案内を頂いていた「坂本屋ブース」を出店、
  坂本屋草餅を販売することになっており、午前8時半集合との会長連絡あり。

07:45 女房お得意の「山賊弁当(小)」とカメラをバックに自宅発。
f0213825_09280623.jpg

 
 本日、八坂寺境内は本日駐車禁止につき、
 坂本屋スタッフはそれぞれ近隣の会員宅へ駐車して
 300mほどの登り参道をてくてく歩きます。

 参道脇の小さな井手の水の流れが爽やかで
 空は快晴、なんとも、のどかな大祭の朝です。



08:08 私は、この辺りからの八坂寺さんの眺めが大好きです。
f0213825_09344973.jpg

    坂本屋通いの日のお参りはクルマなので今日は時間をかけてのんびり歩きます。
f0213825_09350106.jpg
  
   小川を跨ぐ小粋な「山門橋」、一礼して入山。
f0213825_09353497.jpg
                      
    
  お納経所へご挨拶して本堂への石段を登ります。
f0213825_09395161.jpg
    
   本堂から大師堂をお参りして
f0213825_09400519.jpg
  
   火祭り会場の「いやさか不動尊」お参り。
   会場には既に結界が結んであり、中央に護摩供養の祭壇が設けられています。
f0213825_09520149.jpg
 
f0213825_10011067.jpg

 祭壇手前にはスーテージが設営されており
 今日はここでいろいろなプログラムが
 午後4時ごろまでくり広げられる予定です。 

 ステージを囲むように三方にテント村?があり
 大判焼き屋さん、お接待コーナー、俳句投稿場
 火渡り受付、参拝記念品売場etcが並びます。

 坂本屋の指定席は中央! もったいない。



 09:00 坂本屋名物「草餅」の販売コーナー設営完了。
     本日のスタッフは会長以下7名と仕事や家事の合間合間に応援ありの予定。 
f0213825_10142058.jpg
用意した草餅は200個、売り切れるか?余ったらどうしょう?
なにしろ商売をしたことがない坂本屋ですから・・・

f0213825_10352944.jpg

  ← こちら評判のきな粉をまぶした草餅

      ↓ ちょいと上品な定番の草餅
f0213825_10362313.jpg
    この際ですから・・・
    この草餅は、隠し味に蜂蜜が搗き込んであり一両日なら固くなりません。
    坂本屋の行事の度に西林寺界隈の餅屋さんに委託製造して貰っています。
    イベントで口にされた方が餅屋さんを探して買いに行かれるそうですが、
    義理堅い三代目店主さん曰く
          「坂本屋専売品ですから店頭販売はしておりません」
    1回の製造は200個が限界で、それ以上は腱鞘炎になるのでご勘弁と仰る・・・
    本日はその上限個数をスタンバイしたのだが、さてさて?
    大祭のメインイベントは午後だから、今から気を揉んでも仕方がなかろう・・・

10:35 ぼつぼつ参拝者が増えてきて「草餅下さい」と立ち止まる方も増えてきた。
「いらっしゃいませ、お幾つ?」やっぱりマドンナでなくてはいかん。
f0213825_11225106.jpg

     「ありがとうございました」、声も弾みます。
f0213825_11203693.jpg
 今日は一人一人に撮影・掲載のお断りができないので、カメラマンはアングル選びに一苦労・・・

 11時頃からステージで「五色の綱引き大会」が始まった。
 司会者の方が「坂本屋さん二人1組で2チーム出場お願い」と白羽の矢!
 大祭アトラクション?ですから、頼まれれば盛り上げなければいけません、
 
 まず「若い女性ペアー」チームに、坂本屋のマドンナと、
    昨年の優勝者が、今年は相方が居なくて・・・ということで、急遽チーム結成してステージへ。
           坂本屋VS石振会
           熱戦であったが力及ばす惜敗、石振会強し!
           遠方から参拝の田岡さん、ご協力ありがとうございました。
f0213825_12095883.jpg

  
 続いて「シニア男女の部」へ坂本屋から野菅さんと野平さんに出場してもらいました。
     裸足になって勝負に挑んだ野菅さんだったがステージの黒いゴムマットが太陽熱でフライパン・・・
     熱くて踏ん張る足に力が入らず完敗・・・ご協力ありがとうございました。
f0213825_12102960.jpg


 いつも楽しく付き合ってもらっている県外のお先達さんの贈り物。
f0213825_15013918.jpg

 

  「門前さん、いつも人様の写真ばかり撮って
       自分の写真がないやろう~」と、
  坂本屋のみんなとの
  記念写真を撮って送ってもらいました。

   嬉しいね~
   どこまで優しい先達さんなんや~
   ありがととうございました。 

 
      ↑↓ 画像提供:S・Yamamoto
f0213825_15020015.jpg


  もう一枚。
  草餅、お買い上げの参拝者の写真、
  「安心して下さい、
  私の友達お遍路さんです、
  断ってありますから顔出しOKです。

  いつも、撮影と当ブログへの掲載承諾を
 しつこいくらい確認しているコトをご存知の
 お先達さんならではの気配りに感謝致します。
  ありがとうございます!

 

八坂寺ご住職さんが「11時半になったら庫裡へ弁当を取りに来て下さい」とのこと。
f0213825_12362381.jpg

  お言葉に甘えて、現在人数分をいただきました。
  午前中の「福餅まき」が終わったところで昼食、
   (写真の撮り方がよくないのですが)
  これがボリュームがあって美味しくって完食!

  持参した小さな山賊弁当、どうしょう・・・ 

  
  Big NEWS! デス。
  11:53 用意した200個の草餅が完売。坂本屋一同がビックリ、唖然!!!
  文化祭などでは草餅委託製造元へ「大判焼き」を買いに行って、テント村のにぎわいを繋いだことはあるらしいが、
  三つ向こうには、その大判焼きが看板のブースがあり、
  いわんや、こちらは営業ではないのだから「それはやめよう!」と衆議一決、当然至極なり。

  13:10 景気のいい音?花火が打ち上げられて、
      法螺を立てながら修験者が入場、いよいよ柴燈護摩供大祭の開始です。
f0213825_12573114.jpg
  
   ここでの「修験者問答」は、なかなか聞きモノなのですが、
       今日の私は参拝者というよりテント側の一人なので「草餅屋」へ戻りました。
f0213825_13171252.jpg
           山伏問答から火渡りまでの式典の詳細は、⇔クリック
                      昨年の大祭記事をお読み願えれば幸いです。

 13:50 護摩壇の生柴に火が入りました。
f0213825_16274165.jpg

     ほどなく、火煙が立ち昇ります。
f0213825_18365669.jpg
     
     護摩壇の炎が静まるまで一般参拝者の心願成就の祈りを込めた御護摩の焚き上げが続きます。
f0213825_16533459.jpg
 
  14:25 祭主・八坂寺ご住職が大きな御守を肩に気合を込めて火渡り初め。
           場内にどよめきがおこりました。 
f0213825_18321907.jpg
            祭主に続いて修験者皆さんが次々と、まだ火炎の残る護摩壇を渡られます。


  そのあと、一般参拝者の火渡りです。
f0213825_17093784.jpg

  母さんかな?
  火渡りへ一歩踏み出すご婦人の背中を
  ジッと見つめる子供さんに
  「大丈夫だ 気合を入れて行きなさい!」
  と、聞こえたような気がしましたが、
  祭主の優しい手がそっと背中を押しています。





f0213825_17155468.jpg

  
  火渡りの順番を待つ人々の行列が
  会場をあふれて
  延々と霊園への坂道まで続いています。

  ここが最後尾かな?





 

  火渡りが終わったあと、最後に阿波踊り・やんちゃ連の奉納舞が披露されました。
f0213825_19063630.jpg
[
「やんちゃ連」は四国霊場公認先達さんをリーダーとするエネルギッシュな踊りが特徴の「連」でです。
f0213825_19040044.jpg
f0213825_19042460.jpg
            
                大勢の参拝者は本場徳島阿波踊りのステージを堪能されたことでしょう。
f0213825_19044321.jpg

  
  15:45 2回目の福餅まきが盛大に行われ、なにしろ4俵の紅白餅だから当たりはいい!
      私も紅白の福小餅を10個ばかりゲット。
      終わったところで、坂本屋の連中がなんやらにぎやかに騒いでいます。
      なんと坂本屋のマドンナが大きな鏡餅の引きかえ券の付いた餅をゲット!
      朝一番から坂本屋テントに駆けつけて、草餅売りながら綱引きにも出場、大活躍の一日だった彼女、
      いやさか不動尊様は誰が一番熱心に大祭を手伝ったかお見通しだったようです。               
f0213825_19221357.jpg
       八坂寺ご住職と記念写真に収まるマドンナと二段目の鏡餅をゲットの某奥方、満面の笑み!      
      
   <お願い>
    柴燈護摩供・火祭りにかかる記事、文言等に間違いや不都合がありましたら
    コメント欄若しくはメール、facebookのメッセージを通じて教えて下さい。
    お願い申しあげます。 -管理人・門前の小僧ー
       

   

by jh5swz | 2018-05-01 19:28 | 坂本屋日記2018 | Comments(2)