桜さくら櫻Ⅰ 48番西林寺

2018年3月27日(火)
  
f0213825_08394804.jpg

とにかく今年の桜は陽気にも恵まれて実にすばらしい!
遍路クンレンと称して歩く小野川の土手や近隣のお宮の桜も将に桜花爛漫!


       県外のお知り合い遍路さんから「第48番西林寺山門辺りの桜は如何ですか?」
       と、メールをいただき、見て来たようなウソ?をご返事するのも失礼な話しで
       早速、お花見遍路と洒落込んで参りました。
f0213825_18525216.jpg
                  おんまか きゃろにきゃ そわか

by jh5swz | 2018-03-29 19:03 | その後の徒然日記 | Comments(0)

2018年3月24日(土) の日記。
 今月2度目の坂本屋当番日、  
 ここ数日、自宅前を歩くお遍路さん少しずつ多くなっています。
 さて今日はどんなお出会いがあるのだろ~などと楽しみで早めのお目覚め。

07:45
f0213825_15050070.jpg
  夜明けが早くなった昨今、
  久万高原町を早立ちのお遍路さんの坂本屋到着が気になって、
  弁当とお湯が沸くまでの熱い茶を入れたポットを積み込んで自宅スタート。

07:55 48番西林寺さん朝参り。
    すでに団体さんのバスがあり、境内は結構ざわついていました・・・

08:35 静かな番外網掛け大師堂さんへ朝参り。
    お大師っさん、もうすぐ背中の桜が咲きますから・・・
f0213825_14492070.jpg
  クジラ石とも呼ばれる大岩の口に挟まれたお賽銭、
  箱も無ければ鍵も無い、ここは善人の歩く遍路道。 
f0213825_14493058.jpg


08:45 坂本屋現着。
    旧街道沿いの染井吉野はまだツボミ、右下のコゴメ桜は満開。
f0213825_14584649.jpg
    
    まずはお湯を沸かしながらお接待中の目印幟をたてて準備完了。
f0213825_15035993.jpg

    ほどなく当番の川中さん出仕、「先輩、寒いんです、囲炉裏火頼みます」。
f0213825_15252045.jpg

  私が焚きつけると、こう手際よく炎にならない・・・修行が足らない・・・ 
f0213825_15270078.jpg
      不思議なものでゆらゆらゆれる火を見るだけでホッコリするのです。




09:27 文字通り「お茶でいっぷく」された大阪さんご出発。
f0213825_15413450.jpg
                                       535
             この時間に先をお急ぎのお遍路さんは、霊場6ケ寺を巡拝されて
            道後温泉まで歩かれる計画なのでしょうから、お引留め致しません。
             付かず離れず・・・この距離感に門前の小僧大いに気を使います。
             どうぞ、道中ご安全に、合掌・・・

09:40 横浜さんがひと休み、当番の川中さんと話しが弾みます。
f0213825_15494962.jpg

10:00 のどかなエンジン音を残してまっ赤なポルシェが逆打ち?
f0213825_16400334.jpg

  坂本屋で何かのイベントを行うとき
  ときどき私のベンツを置かせて貰う
  すぐ下の農家のご主人さんが
  野良仕事にお出かけになります。

  「おはようございます!」
  ”おお~今日はお前さんが当番かい”
   言葉はありませんが、
  お人のよさそうな笑顔が返ってきます。



10:10 先をお急ぎのお遍路さんに
f0213825_16492562.jpg

  「ひと休みされませんか?」
   腕時計を見ながら、浄瑠璃寺方向を指差して
  「せっかくですが・・・」と、片手で合掌・・・
  「どうぞ どうぞ 道中ご安全に」と私。
  
   腰の透明ビニールケースに
   故・宮崎建樹さんの地図・・・
   見知らぬ町を地図を頼りに1200キロ行脚、
   頭が下がります。
     535
   

                        
10:20 当番の川中さんとお話しが弾んだ横浜さんご出立。
f0213825_17064707.jpg
                                    536
             東道後温泉辺りで泊まりたかったのだが、何処も満室で
             松山市内のビジネスホテルを予約しました・・・そんなお話しでした。


11:00 愛知さんがひと休み、
    知多四国88ケ所巡りのことや
    ここまでの道中のいろいろなお話を聞かせて貰った楽しいお遍路さんでした。
    休憩中の写真撮影をお願いしたかったのですが、門前の小僧至って内気なもので・・・・ 
          
11:21 ご出立の際、
    「後ろ姿を撮らせて下さいませんか?」
    「どうぞ どうぞ じゃんじゃん撮って下さい!」、
    下り坂手前でシャッター押したら、ドンピシャリ振り返られて顔出し。
f0213825_18560232.jpg
                                        537                           
         この場所でお遍路さんの後ろ姿を撮り始めて、もう1千人近くになるのでは?だが
         余りにもグッタイミングの顔出しショットなので、
         追っかけて「個人的なブログやってるんですが、掲載していいですか?」    
         「どうぞ どうぞ バンバン載せて下さい! でっ ブログタイトルは?」、
         「門前の小僧 遍路日記」で検索して貰ったらヒットしますから」
         「えぇ~!!!、そのブログ、出発する前から読んで参考にしながら遍路してます!」 
         「えぇ~~~ なんと光栄の至りです、思い出に顔ドUPで掲載したいです」。

  かくして、前代未聞の顔UP写真!
f0213825_19101966.jpg

  もう一度坂本屋へ引き返して立ち話、
  もう少し一休み中に話したかったです、
  
  別れまぎわになって
  「ご縁」を確認し合うなんぞ
  「たかがブログ されどブログ」です。 

       
  今ごろ、何処を歩いておられるんかなぁ~ 「気ぃ~つけて結願までイイ旅して下さい」。



               お天道様 真上、絶好のお遍路日和になりました。
 
クルマの屋根で座蒲団干して
f0213825_08272359.jpg
    手洗いのタオルを交換しときました(貰い物ですが) 
f0213825_08274446.jpg

 11:50 「ちょっと早いが、お昼にするかな?」、川中さんに誘われて「御意!」。
         川中さんのツクシとフキの煮物がウチの山賊むすびのおかずにピッタリでした。
f0213825_08455408.jpg


    昼食後、例によって満腹の腹ごなしに里山ブラブラ。
    こごめ桜が散って、この染井吉野が咲くと坂本屋は春まっただ中です。 
f0213825_10292621.jpg
 
桜はまだつぼみですが・・・
f0213825_10344239.jpg
     足元の諸葛菜は満開です。 
f0213825_10350650.jpg

     つくしの子は見つかりませんでしたが、
              ♪雪が溶けて 川になって 流れていきます♪
f0213825_10511944.jpg
            生まれた田舎を思い出させる小川の眺めが大好きです。


  13:07 東京さんがひと休みされました。
      オリンピックを控えたお江戸のバタバタぶりを楽しく聞かせてもらったことです。
      メイン会場や選手村施設、高速道建設やら世界中の皆さんの受け入れ態勢など大変な様子です。

  13:34 東京さんご出立。
      通算14回目の四国遍路と仰る足の運びは颯爽でした。
f0213825_11155403.jpg
                                        538

    細い足に鞭打って逆打ち遍路気分で峠へ少しだけ歩いてみようと・・・
f0213825_11050325.jpg
   
  13:45 ほんの少し歩いたところでお遍路さんが下って来られました、
     「この先でお茶をお接待させて貰っています、お時間ありましたらどうぞいっぷく」とご案内。
f0213825_11272989.jpg
            ご案内しておいてブラブラ山歩きも失礼な話しでUターン。
            当番さんとの話しの輪に入れて貰いました、
            首に巻かれたタオルの文字がT-OKADA 55、
            どうやら筋金入りのオリックスバファローズファンのご様子でした、
            私の大阪でのサラリーマン時代の十三やミナミ・キタの話しも弾みました。
    

  14:28 大阪さんご出立、道中ご安全に。
      今シーズンのオリックスの快進撃を期待しますよ!
f0213825_13164598.jpg
                                       539


恒例「坂本屋ひな祭り」は3/31~4/01です。
f0213825_11532871.jpg
 
  すでに立派な雛様が運び込まれており、
  まずは、七段?の飾り台を組立るのですが、
  これがなかなか手ごわくて
  当番みんなで悪戦苦闘?
  なんとか二つのひな壇を組み立てたことです。 

 私は二日とも私用で欠席しますので、
 ほんの少しでも準備が手伝えてよかった・・・ 
  


   15:00 親娘お遍路、北陸さんがひと休みされました。
       あまりにもほのぼのするお話しを聞かせて貰ったのですが、
       写真ともども掲載のお許しを得てないので記事にすることをあきらめていました・・・
       
       翌3月25日、私が通っている「熟年のためのパソコン教室」は
       第49番浄土寺さんの手前の参道沿いにあり、教室からお遍路さんが見えるので
       ひょっとしたら出会えるかも? 
       できれば写真だけでも差し上げたいとプリントして教室へ行きました。

       2時間の塾が終わってもお二人は見えません・・・
       あきらめて駐車場へ向っていたら、数十メートル先にお二人の姿!
       再会を果たして写真を差し上げ、掲載と投稿のお許しを頂きました。
              「おい、まだ歩けるか?」
              「お父さんこそ大丈夫?」って聞こえそうです。
f0213825_12452518.jpg
                                        541 

           坂本屋で聞かせて貰ったちょっと幸せな話し。
            北陸某県にお住まいの娘さんは四国某県の某霊場近くの男性とご結婚され、
            四国へ里帰りの度に北陸のお父さんと区切り遍路を始められた由。
            多分、旦那さんは「二人旅」をして貰おうと思われたのでしょう
            なにかと用事を作って?親娘お遍路旅が実現・巡拝中らしいのです。
            今日も、この先、旦那さんが何処かのお寺へお迎えにみえるのだそうです。
            つい、「お父さん お幸せですね~」と羨ましがってしまった私でした。 
       
           私にも、
            連休を利用して帰省した新婚の息子の嫁と柏坂越えを歩いたり
            最近、嫁と八歳になった孫と(ハイ、孫が居る歳なんです)三人で
            近隣の浄瑠璃寺さん、八坂寺さん、西林寺さんを巡拝した思い出があります。
            そりゃあ~幸せ気分満点でしたよ。

  
 そうそう、旧街道沿いの染井吉野さんは、朝、固そうなツボミだったのですが、
帰り際、もう一度ご機嫌伺いに行ってみたら、六輪の花、開花宣言いたします。 
f0213825_14514540.jpg

   かくして春遍路シーズンの幕開けを感じさせる千客万来の一日が終わりました、
   長い長い日記にお付き合いいただきありがとうございました。
                             -管理人・門前の小僧ー
                           掲載写真、記事などに不都合がありましたら
                          jh5swz@orange.ocn.ne.jpまでご一報願います。
  


by jh5swz | 2018-03-26 14:04 | 坂本屋日記2018 | Comments(4)


2018年3月3日(土)と4日(日)の日記。 
 三ヶ月の冬籠り期間中に工事を進めていた屋根瓦の葺き替え・漆喰壁の修復などを終えて、
坂本屋お接待の再開初日の当番出仕、順番とは云え光栄の至り。

 明日の「おもてなし遍路ウオーク会」を控えて、早朝松山入りされた神戸の福田お先達さんが
「新装・坂本屋」を見ておきたいとのことで、48番西林寺さんで合流。
f0213825_13273480.jpg


f0213825_13291538.jpg

  境内の満開の梅を背に
  お納経されるお先達さんのかなり後方で
  ご一緒に合掌礼拝、般若心経を黙読・・・

  本当は「おつとめ」を拝聴したかったのですが
  遠すぎて聞こえなかったのは心残りなり。

  次の機会には、是非とも傍で拝聴させて下さい。

 
   道中の網掛け岩をお参りして、この一年、このへんろ道を登り下りのお遍路さんの道中安全を請願。
   榎橋辺りで下って来られたお遍路さんに私の手作り「道中御守」を受け取ってもらい・・・

 08:30 坂本屋到着。
     当番の長老は囲炉裏火を焚き、
     (もったいなや)お先達さんに玄関土間を掃除してもらい、
     小僧は、湯をわかしながらお接待中目印の幟旗をたてて、三ヶ月ぶりのオープン!
     
     まずは、工事用足場と防護ネットの取れた全景をパチリ。
     松山側から(逆打ちお遍路さんの目に映る坂本屋)
f0213825_13525588.jpg
     
      三坂峠側から(順打ちお遍路さんの目に飛び込む坂本屋)
f0213825_13530719.jpg
  
           窪野町内と面河村の旧家から寄贈を受けて
           大勢の支援者に洗ってもらった古民家瓦の色合いが、
           築後106年目の建物にマッチングもよろしく
           パット見には「屋根を葺き替えた」不自然さがまったく無いのは
           喜ぶべきか、残念がるべきか・・・
          (補充した新品の瓦は、表からはまったく見えない山側に葺いてあります) 

 当番の川中さんが焚きつけた囲炉裏火に身もこころもホッコリ。
    今までは煙にむせていましたが、新設した天井の腰屋根へふぁ~と抜けて行きます。
f0213825_14185589.jpg
               ↓ココが排煙換気天井
f0213825_14221425.jpg
          (上記二枚の画像はお立ち寄りの福田お先達さん提供)

  囲炉裏部屋から立ち昇った煙は、
  屋根に新設した排煙・換気のための「腰屋根」の棧からゆるりと三坂の山へ帰って行きます。
     分りますか? 母屋の入母屋と腰屋根のあいだのケムリ・・・火事ではありませんから。
f0213825_14495934.jpg
               私、今回の工事で楽しみの一つだった、この腰屋根機能!
            「ケムリ? 拙者、なあ~んも煙たくはございません」と破風と鬼瓦       
      
 こなた松山側の入母屋の破風、鬼瓦、106年前の素材を再現した漆喰壁。
f0213825_15380698.jpg

 Befor
f0213825_15432596.jpg

  ふもとから吹き上げる
  強い風雨・風雪を受けて傷みの激しかった
  修築前の松山側の入母屋破風と漆喰壁・・・

  当番で出仕するたびに
  「がんばれ、頑張ってくれ」と呟いていたが、
  今日は、この写真をみながらお礼を言った、
  「106年間、本当にありがとう・・・」



 10:15 福田お先達は、松山市内で開催のお遍路関係の総会参加のためUターン、 
f0213825_17043924.jpg
 私が、46番浄瑠璃寺or47番八坂寺さんまでお送りする予定だったのだが、
 このあと、坂本屋へ下って来る親しいお遍路、湖山さんを「ビックリさせてやろう!」と
 私の到着よりずっと前からクルマでお見えになっていた「おせつさん」が、
 「所用のため帰らなければいけないので、私がふもとまでお送りします」と、お車お接待。
 おせつさん、香川おみやげ ”かまど” ありがたくお接待に使わせて頂きます。


 
 10:40 高知からクルマで dabo さんが、
f0213825_17261240.jpg
 鴇田峠へんろ道の某所の倒木状況を検分後、オープンを祝ってご来訪、
 「倒木は一人じゃ手に負えない」とのこと。
 今年もまた、ミレービスケット5c/sをお接待用にと差し入れ、恐縮・・・
 三坂峠で二人の遍路ザックを預かったdaboさんが
 ほどなく鳥取の湖山さんが若い駆け連れお遍路さんと下ってきますよ、って。
 
 

 11:00 湖山さんと駆け連れお遍路・横浜さんが到着、
     daboさんと三人そろって坂本屋閉店まで「お接待手伝います」とのお申し出、
     半纏を羽織ってもらってマジで手伝ってもらうことになったが時給は未定なり。
     まずは記念写真(掲載ご承諾済み)。
f0213825_16322264.jpg

             何度目かの区切り打ちで、
             今回は内子町から88番結願寺まで歩きとおすと仰る若い横浜さんを
             私は勝手に「湖山さんのお孫さん」と呼ぶことにしました。

 11:45 みんなで囲炉裏火囲んで、賄い昼食
f0213825_09030743.jpg
   妹が持たせてくれた
   賄い昼食は「山賊むすび」と
   お昼に吸っても「あさげ」味噌汁。    
f0213825_09054305.jpg


   
     「囲炉裏を初めて見ました!ホッコリです」と横浜さんの感想、へえ~初めて?と私。
 
 横浜さんが、
f0213825_10324149.jpg


 折りから下って来られた
 お遍路・新潟さんへお茶のお接待ing

 1200キロの歩き遍路中、
 まさかこんな体験が!と、二人とも驚かれたかな??

 このあと、
 みんなで新潟さんを囲炉裏端へお誘いして
 一緒に、豪華な賄い山賊むすびパーティになりました。

  写真は湖山さん提供 
 



 12:15 46/47/48番さんまで参拝して、お宿・長珍屋へUターン予定の新潟さんご出立。
f0213825_10524728.jpg
                                                 533
              遠来のお遍路さん、どうか結願まで道中ご安全に!

   昼食のあとdaboさんと湖山さんは、
   やっぱり鴇田峠へんろ道を塞いでいる倒木が気になる様子で、daboさんのクルマで現場へ片付けに。
   横浜さんは、引き続いてお接待お手伝い。

   私は、修築の終わった母屋のアチコチを
    100年の風雪に耐えた旧遍路宿・坂本屋に感謝を込めて記録撮影。
    (Befor画像は撮り貯めた坂本屋日記HDDからピックアップ)

   玄関屋根のセメン瓦と危険な状態だった二階の手摺り。
f0213825_11300741.jpg

           寄贈された旧家の和瓦を葺いて、手摺りも旧資材を強力に補強して活用。   
f0213825_11313742.jpg

 二階大屋根と隅棟の鬼瓦
Befor
f0213825_14123956.jpg
      After  
f0213825_14132364.jpg
 西側一階物置・トイレの隅棟鬼瓦
Befor
f0213825_12563559.jpg
     After   
f0213825_13050325.jpg
 西側一階トイレと物置場の屋根
Befor
f0213825_12520748.jpg
     After 
f0213825_12532218.jpg
            カッコつけるようですが、涙が出そうですからここまで。 

 13:58 横浜さんご出立。
     今夜のお宿・長珍屋さんへ荷物を置いて、46番浄瑠璃寺・47番八坂寺さんをお参りの予定とか。
     お杖二本のワケ
       道中何処かで「あげる」と云われたお杖、一旦区切ったとき自宅まで持ち帰り、
       今回、再び持参して四国入りして一緒に巡拝中なのだそうだ、
       道半ばのお遍路さんの気持ちを引き継いでおられるのかも・・・ 
f0213825_14354992.jpg
                                       534
               
    f0213825_14402508.jpg
 当番・川中さんと見送っていたら
 いよいよ急坂を下り始めるとき、振り返ってご挨拶。
 終いかけたカメラのピント合ってないけど思わずFocus,
 お断りできていませんがご容赦下さい。   

  長老川中さんが
  「たまげたのォ~ できた娘さんじゃ」とポツリ。


 
 106年ぶりの改築初日にひと休みされた若いお遍路さんの目に坂本屋はどんなに見えたんやろ。  
f0213825_15311728.jpg
              言うの忘れとりました、
               「電柱のてっぺんに見える山の一番凹んだ所がH720mの峠ぞな」


 14:55 「そろそろ閉めるかな?」、長老のお言葉には素直に従って、
      長老、囲炉裏火の用心、私、幟旗仕舞って、
      二人で戸締り施錠して2018年の初お接待無事終了。

      別件の所用あり、八坂寺さんお納経所へちょっとお邪魔して帰宅。

 
 2018年3月4日(日)昨日の続き
  昨晩、浄瑠璃寺前の長珍屋さんで同宿のお三方、
  daboさんは高知へお帰りになるが、
  湖山さんとお孫さんは51番石手寺辺りまで駆け連れ遍路の予定を聞いて、
  時間が許せば、へんろ道沿いの門前宅でひと休みをお誘いしていたので、
  朝の小野川散歩をコース変更、頃合いを見計らって48番西林寺へのへんろ道を歩いてみました。
  
  ご縁でしょうか、2㌔ちょっと歩いた大日堂前でうまくドッキング。
  「ウチでCoffeの時間ありますか?」
  「その心算です!」
  三人は開催中の「おもてなし遍路ウオーク」の大学生さん達と駆け連れ遍路。
  ウチの近所の「遍路橋」で、晴れオトコさんとお孫さんのツーショットをゲット。
f0213825_11335728.jpg
                              (掲載ご承諾感謝)

f0213825_11304707.jpg

   古くは江戸時代、この小野川土手で「お遍路お接待」の慣わしがあり、
   昭和57年竣工した遍路橋の親柱は空・風・火・水・地を模した
   五輪塔の形になっており、知る人ぞ知る遍路道ランドマークなのです。
 ←イラストは高野山への町石道・矢立茶屋にあった思い出の看板より

   事務所で熱いCoffeをお接待させていただき、遍路よもやま話しのあと
   49/50/51番石手寺で打ち止めの湖山さんはスナバの里のお国へご帰還、
   道後でお泊りのお孫さんは、引き続いて第88番結願寺を目指されます。 
            どうぞ結願まで道中ご安全に!
 
   坂本屋修築竣工の初日は
    イイ出会い・ご縁に感謝合掌の春の一日でした。
      
  
  
 

by jh5swz | 2018-03-04 19:46 | 坂本屋日記2018 | Comments(8)

♪は~るですねぇ~♬

2018年3月1日(木)
  愛媛県ゆるキャラクター 「みきゃん」から春のご挨拶。
f0213825_09093179.jpg

                道後温泉で待ちよるケンね~

by jh5swz | 2018-03-01 07:22 | その後の徒然日記 | Comments(0)